【リトル・フォレスト 夏・秋】四季と食と人間と。
スポンサーリンク

田舎暮らしのいち子の生活を食を中心に描いた作品。
その夏と秋のパート。

ストーリーらしいストーリーはほとんどなく、主人公・いち子の自然と共に生きるゆったりとした生活が静かに描かれています。

だからこそ季節、食べ物、天気などの日常の些細な部分に対する感覚が研ぎ澄まされ、普段見落としがちなものを観客である僕たちもしっかりと感じとる事が出来ます。

それに加えて、そんな日常の物語りの中にゆるっと入ってくる人生エピソードが作品全体に深みを与えていました。

また、そんな作品の中でも少しショッキングな生き物の解体シーンがちゃんと描かれていて、この作品がしっかりとしたコンセプトと芯のある作品なのだなと感じる事が出来ました。

現代社会にもまれ心が疲れてしまった時、いち子の視点を通して自然と共に生きる生活を感じてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事