【来る】超攻撃型ホラー誕生!
スポンサーリンク
来る
ジャンル
ホラー 日本公開2018年12月07日 製作国日本 上映時間134分 監督中島哲也 出演岡田准一/ 黒木華 / 小松菜奈
あらすじ
自己中心的で強い自己顕示欲を持つ男・田原。
香奈と結婚し妻が娘を身籠った頃から身の回りで不可解な現象が起き始める。
このままでは妻と娘に危険が及ぶと、友人で民俗学者の津田にライターの野崎とキャバ嬢で霊媒師の真琴を紹介してもらう。
しかし、田原家を襲う怪現象の元凶である“アレ”は彼らの想像を遥かに超えるほど強力なものだった。
こんな人にオススメ!
●これまでのホラーにマンネリを感じている人。
●中二感のある作品が好きな人。
●スケールの大きな作品が好きな人。

これまでにない新感覚ホラー!

今作「来る」はホラー作品です。
ホラー作品なんですが、これまでの一般的なホラー作品とは一線を画すほど新感覚なホラー映画です。


多くのジャパニーズホラー、いわゆるJホラーは暗くジメジメとしていてスローテンポな作品が主流です。
それらの作品に比べて「来る」は音楽的演出や映像の作りなどがかなりビビッドで鑑賞し始めてすぐにその異質さに気づきます。

そして物語りが進むに連れて田原の周りで起き始める恐ろしい現象。
とにかく血が沢山出ます
ドバドバ出ます!


それらの派手なホラー演出に加え、人間の中にある闇を浮き彫りにしていく展開が怪奇現象の元凶である“アレに対する怖さと人間に対する恐さの二色の恐怖によって描かれる事で観客を飽きさせない軽快なテンポと濃厚なホラーを作り出しています。

次々に観客を襲ってくる様々な恐怖にひたり、これまでのJホラーにはなかった新感覚の恐怖を堪能してみて下さい。

 

超攻撃型ホラー!

©2018 「来る」製作委員会

これまでにJホラーでは様々な心霊キャラクターが生み出されてきました。
言わずと知れた「リング」の貞子。
凶悪な怨嗟によりその家を訪れた者を次々と襲っていく「呪怨」の伽椰子と俊雄。
他にもひきこさんや富江など多くの元凶となるキャラクターが人気を博しています。


そこに新たに登場したのが「来る」の“アレです。
この何かがとにかく凶暴・凶悪なんです。
これまでのホラー作品にはある一定のルールがありました。
例えば「リング」だと呪いのビデオを観たものが死ぬとか、「呪怨」だとその家を訪れた者が襲われるなどです。


しかし“アレはとにかく手当たり次第!
メインの対象である田原に関係あるとか関係ないとか関係なく襲います。
それも血みどろになる程に。


凶暴さで言えば伽椰子やひきこさんもかなりのものでしたが、“アレはさらにそれを上回っています。
勝てる気がしねぇというやつです。

しかし今作の攻撃的な存在はそれだけではありません。
この作品には霊媒師が沢山登場します。


始めに田原が怪奇現象の相談を持ちかけるのがキャバ嬢霊媒師の真琴という女性なのですが、彼女には姉がおりその琴子がものすごく強力な能力を持った人物なのです。
松たか子さん演じる琴子がとにかくかっこいい

ホラー映画に登場する霊媒師といえば大抵が噛ませ犬的な存在として登場しあっと言う間にやられてしまいます。
しかし、琴子はその強大な能力とコネクションでもって堂々と“アレと対峙します。

この辺りが少年マンガ的で中二心をくすぐり物語を盛り上げます。

そういう意味では「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」などで有名な白石晃士監督作品に通じるところがあります。

強いてこの作品のイメージを例えるなら白石晃士監督作品である「貞子vs伽椰子」と韓国のナ・ホンジン監督の「哭声 コクソン」を足した割ったような感じ。

「来る」はこれまでのホラーの枠にとらわれない新しいタイプのホラー映画の形を生み出したと言えるかもしれません。

 

考えるな!楽しめ!

ほとんどの場合ホラー映画にはその怪奇現象に対する原因や対処法などが設定されています。
「リング」を例に出すと、過去に酷い目に遭った貞子が呪いを遺すその呪いのこもったビデオを観た者が死ぬ呪いを受けた主人公はその原因を探り呪いを解く為に奔走する、といった具合いです。

しかし「来る」にはそんなものはありません!
呪いの明確な理由も理路整然とした対処法や理屈など何もないのです。
そんなものはどうでもいい!と言わんばかりの投げっぱなしジャーマンスープレックス!

作中でも主人公が「なんで俺はこんな目に!?」みたいな事を聞くとそれに対して霊媒師は「原因なんてどうでもいい、起こっている事にどう対処するかが重要だ」と言うような事を言います。

このやり取りはまさにこの作品そのものの性質を表していると言えます。

その辺りこの作品に対する評価の賛否が分かれそうな部分だと思います。

明確な起承転結があってスッキリ終わりたい人には向いていない作品かもしれません。

しかし、この作品を大いに楽しめた僕は一言こう言いたい。
「考えるな!楽しめ!」

 

メタ壱スコア:4.0

この作品の予告を観てなんとなく自分なりに物語を想像して期待していたのですが、個人的にはまさに期待通りの面白さでした。

しかし、同時にこの作品に低評価を付ける人も少なからずいるだろうとも思いました。
それはこの作品の個性の強さ故。

しかし、ある意味合う合わないが分かれるのはこの作品の目指したものとそれに対する挑戦が成功したとも言えるのかもしれません。

「来る」をとても楽しめた僕は続編が作られるのを心の底から期待しています!
あと、物語には関係ないですがエンドクレジットの短さも良かったです(笑)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事