【女王陛下のお気に入り】絢爛豪華!宮殿、貴族、昼ドラ!
スポンサーリンク
女王陛下のお気に入り
ジャンル
ドラマ  日本公開2019年2月15日 製作国アイルランド / アメリカ / イギリス 上映時間120分 監督ヨルゴス・ランティモス 出演オリヴィア・コールマン / レイチェル・ワイズ / エマ・ストーン
あらすじ
18世紀はじめのイングランド。
アン女王は体が弱く優柔不断。
そんな女王を支えていたのが気の強い幼馴染のサラだった。
二人はお互いを信頼し愛し合っていた。
そんなある日、サラの従姉妹のアビゲイルが侍女として宮殿にやってくる。
アン女王はアビゲイルを気に入り親交を深めて行く。
それが気に入らないサラ。
こうしてサラとアビゲイルの女王陛下のお気に入りの地位を巡る争いが絢爛豪華な宮殿を舞台に始まる。
こんな人にオススメ!
●シュールで独特な作品が好きな人。
●豪華な美術セットが好きな人。
●昼ドラが好きな人。

宮殿を舞台にした豪華絢爛な昼ドラ!

©2018 Twentieth Century Fox.

「ロブスター」や「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス監督作品「女王陛下のお気に入り」

91回米アカデミー賞で最多10部門(「ROMA/ローマ」とタイ)でノミネートされ、英アカデミー賞でも最多となる7部門を授賞しました。

18世紀で、ヨーロッパで、貴族で、宮殿で、という要素って日本人には馴染みがないですよね。
だから敬遠してしまう人も多いかもしれませんし、実際僕もあまり好みの要素ではありません。

しかし「女王陛下のお気に入り」には日本人にとって非常に馴染み深く好物とも言える重要な要素があるんです。

それはこの映画が“昼ドラ”だという事です!

昼ドラにも色々ありますが、なんとなく“ドロドロぐちゃぐちゃの愛憎劇”みたいなイメージありますよね?

本作はまさにそんな感じの作品で、それをメチャメチャ豪華できらびやかにやっちまった感じなんです。

メインになるのはアン女王(オリヴィア・コールマン)、アビゲイル(エマ・ストーン)、サラ(レイチェル・ワイズ)の3人。

この3人が18世紀の宮殿を舞台にドロドロぐちゃぐちゃの愛憎劇を繰り広げるわけです。

アン女王は体が弱くおまけに意思も弱い、と言うかあんまり物事を考えてないおバカさんみたいな人なのですが、そんな彼女を幼馴染みのサラが傍で世話をしつつ絶大な権力をふるっていました。

そこにやって来たのがサラの従姉妹のアビゲイル。
アビゲイルは元は貴族の人間だったのですが家の没落によって侍女として宮殿にやって来ます。

相思相愛の関係だったアン女王とサラでしたが、アン女王がアビゲイルを気に入ってしまった事から“女王陛下のお気に入り”のポジションを巡る“昼ドラ的女の闘い”が勃発するのです!

また彼女らは各々に野望や思惑をもっているから一筋縄では行かない!

そんな女3人の三角関係をヨルゴス・ランティモス監督が超独特なタッチで描いているんです。

©2018 Twentieth Century Fox.

まず面白いのがユーモアのセンス

ぱっと見堅っ苦しそうに見えますが、そこかしこに独特のユーモアと笑いが仕込まれています。

僕が個人的に好きなのが予告編にもある、アビゲイル(エマ・ストーン)がサラを鼻で笑うシーンです!

とにかくシュール!

要所要所に散りばめられた独特でシュールなセリフや演技に思わずこちらも鼻の奥で笑ってしまいそうになりますw

そんなシュールな笑いと欲望が入り混じった独特な世界観。

そんな3人の関係を更に一段上のレイヤーから見てみます。

本作の舞台は18世紀のイングランド。

この時イングランドはフランスとの戦争状態にあります。

宮殿でも日夜その戦争に関する方向性で与野党が揉めています。

しかし、その決定権を持つ当のアン女王は今自国が戦争をしているのかも良く分かっていないおバカさん。

そんな国の状態など他人事で繰り広げられる3人の女の昼ドラ的争い。

そこには民衆の事など他人事な貴族たちの“おかしみ”が描かれているんです。

本作を観る前に何か戦争映画を観てから行くと、そのおかしみに対するヤレヤレ度が増すかもしれません。

そしてそんな3人が迎える結末とは

3人の大女優による演技合戦、シュールで独特な笑い、皮肉、極上の美術セットや衣装と見どころ満載な本作!

「辛口青汁味のマカロン」みたいな本作を是非堪能してみて下さい!

 

 

本作の結末のオトし方はとにかく印象的!

さんざん争った挙げ句女王陛下のお気に入りのポジションを獲得したアビゲイルは余裕をかまして、アン女王の亡くなった子供の分身とも言えるウサギを踏みつけます。

そんなアビゲイルをアン女王が自分の側に呼びつけると、足を揉めと跪かせます。

完全服従のポーズです。

貴族への復帰の為のサラとの壮絶な争いに勝ち、欲しいものを手に入れたと思っていたアビゲイルでしたが、結局アン女王の圧倒的な存在の前に服従するしかなかった訳です。

まるで飼い主と犬の関係の様に。

この結末もとてもシュールで、おかしみに溢れているなと、監督のそのセンスに脱帽しました。

 

 

メタ壱スコア:3.9

僕は始めこの映画を観終わった直後は、あんまり面白くない作品だったと感じました。

しかしその後、映画館の帰りの車の中で映画の事を思い返してみるとだんだんジワジワ面白くなってきて、その日の夜にはメチャメチャ面白かった!と思うようになっていました!

なんだか新しい映画の感性が開いた様な気持ちです(笑)

好き嫌いは分かれる作品かもしれませんが、みなさんも本作がもつ独特の魅力とその世界に浸ってみて頂きたいなと思います!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事