【七つの会議】池井戸潤原作の特濃企業ミステリー!
スポンサーリンク
七つの会議
ジャンル
ドラマ / ミステリー  日本公開2019年2月1日 製作国日本 上映時間119分 監督福澤克雄 出演野村萬斎 / 香川照之(市川中車) / 及川光博
あらすじ
都内にある中堅メーカー・東京建電。
営業部は鬼の営業部長・北川による過剰なノルマに苦しめられていた。
そんな営業一課にいるのが社内でも有名なぐーたら社員の“ハッカク”こと八角(やすみ)だった。
ある日、ハッカクを疎んでいた営業一課のエリート課長・坂戸がパワハラを理由に左遷されてしまう。
訴えを起こしたのはハッカク。
戸坂の後任として一課長に任命された気弱な元二課長の原島はその不当な人事を怪しく思い、寿退社を目前に控えた女性社員の浜本とともにハッカクの周囲を調べる事に。
しかしそこには二人の想像をはるかに超えた企業の大きな闇が待ち受けていた・・・。
こんな人にオススメ!
●企業ミステリーが好きな人。
●日本の企業のあり方に問題を感じている人。
●痛快ストーリーが好きな人。

池井戸潤原作!企業犯罪映画!

©2019映画「七つの会議」製作委員会

本作「七つの会議」は池井戸潤原作の同名小説を映像化した作品です。
池井戸潤氏と言えばもはや誰もが知る有名作家で、「下町ロケット」や「民王」、「半沢直樹シリーズ」など数々の名作が映像化され大ヒットしています。

前年(2018年)にはTOKIOの長瀬智也さん主演の「空飛ぶタイヤ」がヒットしたのも記憶に新しいですよね。

そんな池井戸潤氏の作品と言えば会社を舞台にした企業モノのイメージがあります。

そして今作「七つの会議」もその一つ。

舞台は東京にある中堅メーカー・東京建電。

そこにいるぐーたら社員ハッカクこと八角(やすみ)を中心に物語は展開していきます。

ハッカクは会議ではイビキをかいて居眠りしちゃうし、みんなが忙しい時でも平気で定時上がり、空気も読まず有給をとっちゃうような代わり者です。

でも、何故かクビにもならず処分もされない。

それどころか、ハッカクと衝突した優秀なエリート課長・戸坂の方が左遷されてしまうわけです。

実はこのハッカク、かつては超がつくほどスーパー優秀な男だったんです。
社内評価は毎年SSS

それがある年を境に評価は急落。
E
EE評価の現在のぐーたら社員になってしまったのです。

怪しいですね〜。
怪しすぎますね〜。

そんなハッカクを怪しく思った気弱な課長の原島と女性社員の浜本。
このコンビがそんなハッカクの謎に迫っていくわけです。
しかしそこには東京建電の抱える大きな大きな闇が待ち受けていたんです!

そして東京建電の闇を通して、日本人の気質や慣習に起因する日本の企業の負の側面をあぶり出していくと言うのがこの作品。

課同士の対立、足の引っ張り合い、パワハラ・モラハラ、隠蔽体質などなど、会社務めをしている方にとっては解る解る!というような社会の問題が鋭く描かれています。

しかし逆に言うと、会社で上の立場にいる人にとっては耳の痛いお話しでもあるかもしれませんね(笑)

 

 

ミステリーとしての面白さ!

©2019映画「七つの会議」製作委員会

前年(2018年)に公開された「空飛ぶタイヤ」も企業の闇を描いた作品で、立場の弱い中小企業の社長が巻き込まれた企業犯罪の真相に迫っていくという作品でした。

今作「七つの会議」も「空飛ぶタイヤ」のような企業犯罪を扱った作品なのですが、ミステリーとしても楽しめるのがポイントの一つです。

予告などでは一見野村萬斎さん演じるハッカクが主人公のように見えますが、実際の主人公といえる立場にいるのは及川光博さん演じる気弱な課長・原島と、朝倉あきさん演じる寿退社を控えた女性社員・浜本なんです。

ハッカクはむしろ謎の人物。
彼を取り巻くちょっとした不可解がトリガーとなりこの物語は始まります。

そんなハッカクのちょっとした不可解を半ば興味本位で調べ始めた、本来なら脇役的立場にいる原島と浜本が徐々に大きな闇へと足を踏み入れて行く様は観客にミステリーとしてのドキドキ感を味わわせてくれます。

ハッカクにまつわる謎。
不可解な人事。
絡み合う人間関係。

そうやって張り巡らされた複雑に絡み合う糸が、やがて一本の紐へと収斂していく流れにはミステリー的な爽快さと痛快さがあります。

企業モノというと何だか小難しい話のように感じますが、複雑でありながらも本筋はシンプルにまとまっているのでエンターテイメントとして多くの人が楽しめる作品だと思います。

 

 

必見!特濃役者さん達による演技合戦!

©2019映画「七つの会議」製作委員会

予告やポスターなどをみてもらったらわかる通り、本作は出演者がメチャメチャ豪華!

野村萬斎さん、香川照之さん、及川光博さん、片岡愛之助さん、北大路欣也、鹿賀丈史さん、橋爪功さんなどなど!

脇役にも、オリラジの藤森慎吾さん、土屋太鳳さん、吉田羊さん、溝端淳平さん、勝村政信さんなどなどまるでスキがありません。

そんな豪華俳優人が彩るこの物語の中で特に注目なのが、特濃役者の演技合戦です!

とにかく濃い!
脂ギッシュ!
良い意味で脂ギッシュ!

はじめ野村萬斎さんのこゆ〜い舞台がかった演技に戸惑ってしまうんですが、これが段々クセになってくるんですよね。

その濃さが野村萬斎さん演じるハッカクのミステリアスさを際立たせていて、終盤では心地よさやカッコよささえ感じてしまいます。

そんな濃ゆい濃ゆい野村萬斎さんに対するのが、これまた個性派にして唯一無二の味を持つ香川照之さん!

この二人が感情をぶつけるシーンなんかはもう、観てるこっちまで思わず声を漏らしそうになるほどの迫力なんです。

まさに豚骨ラーメン背脂チャッチャ系といった感じで、こんなの美味いに決まっています。

そして映画のラスト。

野村萬斎さん、香川照之さん、片岡愛之助さん、北大路欣也、鹿賀丈史さんら特濃メンツが一堂に会する場面の緊張感と迫力と言ったら凄いのなんの。

この人達は役者さんで、本当は優しい人達なんだ〜と自分に言い聞かせながら観ないとこのシーンの重圧に耐えかねるところでした(笑)

これだけ豪華な俳優さん達があつまる作品ですから、物語の面白さはもちろんですがこの一流の俳優さんたちの素晴らしい演技にも是非注目して観てる頂きたいなと思います。

 

メタ壱スコア:3.7

社会問題、企業モノ、ミステリー、痛快さ、物語の展開などなど、様々な要素のバランスがよく取れたとても面白いエンターテイメント作品でした。

テンポもいいし、続きが気になるし、朝倉あきさんは綺麗だしで眠くなる暇なんて全くありませんでした!

そして最後にちゃんと観客の胸をグサッと刺してくる感じも嫌いじゃないです(笑)

やっぱり企業ミステリーって、身近なものがテーマになっている分感情移入も没入もしやすくていいですね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事