【ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。】Kawaii100%のインターナショナルラブストーリー!
スポンサーリンク
タイトル:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
ジャンル:恋愛
日本公開:2017年
製作国 :台湾 / 日本
監督  :谷内田彰久
出演  :簡嫚書(ジエン・マンシュー) / 中野裕太 / 蛭子能収

 

あらすじ
震災が日本を襲った時、多くの台湾の方々がSNSなどを通じ日本人に応援のメッセージをくれました。
リンちゃんもそんなメッセージをくれた中の一人。
そんなある日、リンちゃんの元に日本人のモギさんからお礼のメッセージが届きました。
そして二人はFacebookを通じ交流を深めていきます。
SNSをきっかけにはじまった二人の恋愛を描いた実話に基づく素敵なラブストーリー。
というお話し。
メタ壱スコア 4.0

今回ご紹介する映画は「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」というすこぶる長いタイトルの作品!
通称「ママダメ」。
日本人男性と台湾人女性のSNSから始まるラブストーリーです。
インターネットやスマホの普及で国際恋愛も身近になってきた現代ならではの恋愛であり映画ですね。

普段僕は恋愛映画は他のジャンルに比べてあまり観ないのですが、台湾に旅行に行く予定があったタイミングでたまたまこの作品を知ったので台湾旅行の予習がてら観てみる事にしました。
そしてこの映画を観てみると・・・。

(*´∀`)

場面が暗転した時にモニターに映っていた僕の顔はこんな風になっていました(笑)
この映画、とにかくカワイイ!
もうカワイイとしか言いようがありません。
何がカワイイのかと言うと、全部カワイイ!

ストーリーもまるで中学生のピュアな恋愛のようで汚れきった僕の心を綺麗に洗い流してくれるようでした(笑)
映画的な大きなストーリーの起伏はあまりありませんが、その分安心して観る事が出来ます。
むしろ、それがこの映画の魅力ともなっています。
また、劇中ではボーカル付きの楽曲が多数使われていてミュージックビデオのように楽しむ事も出来ます。
この作品では曲やBGMが効果的に使われていて、例えば二人が初めて会うシーンでも、モギさんはほとんど無表情なんですが、内心では喜んでいるというのが音楽によって表現されていたりします。
また映像の美しさも特筆すべき点です。
ビビットでカラフルな色使いがとても綺麗で、映像からだけでもこの映画のハッピー感が伝わってきます。
新海誠監督の「君の名は。」の背景がとても美しかったですが、それの実写版といった感じです。
谷内田監督ご自身がこの映画は「恋愛と旅行」をテーマにしていると仰っている通り、そんな綺麗な映像で映し出される台湾や日本の風景は本当に素敵で、旅心をくすぐられます。

©mamadame production committee

そんなママダメはまさにキラキラ系恋愛映画なわけですが、じゃあ男性には向かない映画なのかと言えば全くそんな事はありません。
むしろ男性の方が楽しめるのではないかとさえ思う程です。
この映画を観てヒロインのリンちゃんに恋しない男などいるはずがありません。
そして女性はこの純情ラブストーリーに胸のキュンキュンが止まらないのではないでしょうか。

ここまで読んで頂いてこの作品に興味を持っていただいた方は映画を観る前にとりあえず10万円くらいのお金と3、4日の有給を取る事をおすすめします。
きっとすぐにでも台湾へ旅行に行きたくなるはずですから。

それではここからは、この映画のどこがそんなに“カワイイ”のかを解説していきたいと思います!

 

その1. 主演女優・簡嫚書さんがKawaii!

本作の主演である台湾人女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)さん。

©mamadame production committee

ご覧の通りとても綺麗かつキュートな方です。
おまけにスタイル抜群!
88年生まれの30歳(2018年現在)で、この作品は2016年に制作されたので撮影当時は27、8歳と言う事になります。
簡嫚書さんは女優として数々の賞を受賞されていますが、実は彼女、女優としてだけではなく監督や脚本も手掛けるマルチな才能の持ち主なのです。
本作のヒロインであるリンちゃんがとても魅力的なのは、簡嫚書さん自身が女優としてだけではなく監督や脚本家としての視点でどういう演技や見せ方をすればそのキャラクターの魅力を最大限に表現出来るかがわかっているからなのかもしれませんね。
ただ一つ残念なのは、簡嫚書さんがすでにご結婚されていると言う事です(涙)

 

その2. ヒロイン「リンちゃん」がKawaii!

この作品、ヒロインのリンちゃんがとにかくカワイイ!
フィルマークスのレビューも「リンちゃんカワイイ」の文言で溢れています(笑)
ヒロインのリンちゃん、簡嫚書さんのビジュアルの魅力の高さももちろんですが、なによりそのキャラクターがとても魅力的なんです。
台湾の女性って明るくて元気なイメージがなんとなくありますが、まさにそんな感じです。
表情や身振り手振りの表現が豊かで観ているだけでこっちにまでリンちゃんの感情がうつってきます。
それに加えカタコトの日本語って最早反則です(笑)
特に注目して頂きたいのがめまぐるしい程に変わる表情の演技。
リンちゃんは感情がダイレクトに顔に出るタイプの子で、その裏表のなさそうな感じが彼女の最大の魅力だと思います。

©mamadame production committee

 

その3. モギさんの草食具合もKawaii!

中野裕太さん演じる日本人男性のモギさん。
彼がとにかく奥手でまるで中学生男子のよう。
そんな彼に対してみていてイライラする人もいるかもしれません(笑)
大人な態度をとっている一方で、相手を意識しちゃって積極的に話しかけられなかったり、気になる事があっても直接聞けずに一人でウジウジ悩んだり。
でもその感じ、わかるわーっていう人も多いんじゃないかと思います。
そんな彼をみているとヤキモキして仕方がないですが、モギさんの真面目さとか優しいところが伝わってきて応援したくなるんですよね。
まさに最近の草食系男子って感じで、そんなモギさんに感情移入してしまう男性も多いのではないでしょうか。

©mamadame production committee

 

その4. 音楽がKawaii!

本作では多数のボーカル曲が劇中で使われています。
そのどれもが女性ボーカルの優しい曲で、この映画のカワイイという印象を引き立てています。
特に印象的なのがericka hitomiさんの歌う「ハンブンコ」という曲で、日本と台湾で距離の離れている二人を表しているようでもありとても耳に残る曲です。
もちろん僕のスマホにはiTunesで購入したこの曲が入っています!
ただ一つ欲を言わせてもらえれば、日本語の曲ばかりなので台湾の言葉の歌詞の曲もあったらよかったなぁと思いました。

 

その5. SNSの演出がKawaii!

この物語りはFacebookがきっかけで始まります。
ですので、二人がFacebookのメッセージでやりとりするシーンが多く登場します。
文字でのやり取りは、ともすれば地味な絵面になってしまいそうですが、それを上手く演出する事でそういったシーンを楽しく表現し、かつこの映画全体のカワイイ成分をより強調する事が出来ています。

©mamadame production committee

また、このメッセージの表現が結構細く、サムネイルのアイコンが動いたり、悲しい時には文字が垂れて泣いているような演出がされていて、SNSを通した恋愛ならではの表現になっています。

 

その6. 台湾や日本の風景がKawaii!

先にも書いた通りこの作品は「恋愛と旅行」がテーマになっています。
とても色使いの綺麗な作品なんですが、それによって映し出される風景はどこか幻想的で夢の中の様な印象があります。
台湾で有名な観光スポットである九份や監督が台湾のハワイだと個人的に思っている福隆の海、日本の宮島や大阪の街など数多くのスポットが登場しますが、それらがいかにも観光地紹介といった感じではなく自然な形で描かれています。
また、観光地だけではなく特になんでもないような台湾の町並みもキラキラ輝いて見えます。
台湾に行きたくなる人が続出する事間違いなしです。
また、この作品は台湾でも公開されましたので、台湾の方々が日本に興味を持ってくれるきっかけになっていたら嬉しいなとこの映画の一ファンとして心から思います。

©mamadame production committee

 

まとめ

とにかくカワイイの詰め込まれたこの作品!
確かにストーリーには大きな起伏はありませんが、心がなんだか疲れた時などにゆったり観るには最適な映画です。
逆にストーリーの起伏が少ない分、何度も観れてしまう作品でもあります。
疲れた時に甘いお菓子を食べるように、心の糖分を補充したい時にオススメの一作です!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事