【バジュランギおじさんと、小さな迷子】愛は国境も宗教も超えるという願い。
スポンサーリンク
バジュランギおじさんと、小さな迷子
ジャンル
ドラマ / 社会  日本公開2019年1月18日 製作国インド 上映時間159分 監督カビール・カーン 出演サルマーン・カーン / ハルシャーリ・マルホトラ / カリーナー・カプール
あらすじ
言葉の喋れないパキスタン人の6才の女の子シャヒーダー。
彼女はお祈りのために訪れたインドでお母さんとはぐれてしまい広大な見知らぬ国で迷子になってしまう。
途方に暮れていたシャヒーダーだったが、生真面目で心優しい敬虔なヒンドゥー教徒のパワンと出会い彼の居候先で保護される事に。
しかしシャヒーダーがパキスタン人のイスラム教徒だと言う事が判明したとたん家主に追い出されてしまう。
こうしてパワンとシャヒーダーのインドとパキスタンに渡るビザナシ、パスポートナシの家探しの旅が始まる。
こんな人にオススメ!
●笑って泣ける映画が観たい人。
●国家間、宗教間の問題をテーマにした作品に関心がある人。
●ロードムービーが好きな人。

インドとパキスタンの対立。

©Eros international all rights reserved.©SKF all rights reserved.

この作品は、インドで迷子になった少女の家を探すと言う物語りですが、この映画においてとても重要になってくるのがインドとパキスタンの関係です。

一言で言うとインドとパキスタンはメチャクチャ仲が悪いんです。

元々インドとパキスタンは一つの国でした。
それが当時インドを植民地にしていたイギリスの政策によってヒンドゥー教とイスラム教の宗教対立が激化、結果インドはパキスタンを分離してしまいます。

その後、カシミールという地を巡ってこれまで3度も戦争(印パ戦争)が繰り広げられてきました。

つまりインドとパキスタンの対立は、ヒンドゥー教とイスラム教の対立と言えるわけです。

この不仲がかなり深刻なものなのです。

例えば、インドへ入国する際のアライバルビザ(現地で取得するビザ)申請の要件項目にも「両親または祖父母のいずれかがパキスタン生まれではない、パキスタンに永住していない」というのがありますし、日本人バックパッカーなどがパキスタンからインドに渡った際にパキスタンを訪れていたという理由から入国を拒否される場合があります。

日本も国家同士の問題を抱えていたりしますがこれ程ではありませんし、宗教やその対立にあまり馴染みのない日本人にとっては驚きです。

しかしこれは現在進行形で現実に起きている問題なのです。

この事を知ると、パキスタンの少女がインドで迷子になる、インド人の主人公がビザもパスポートもなしに少女の家を探すためにパキスタンへ渡ると言う事がどれ程大変で危険な事かが想像出来ますよね。

 

 

王道ストーリーで描くオジサンと少女のロードムービー!

©Eros international all rights reserved.©SKF all rights reserved.

まずこの作品で目を惹くのがオープニングで流れる美しい景色です。

ロードムービーである本作ではそういったたくさんの美しい景色や人々との出会いが描かれています。

広大で美しいインドとパキスタンを旅するヒンドゥー教徒のおじさんとイスラム教徒の少女。
そんな二人の旅がインド映画らしい笑いに満ちた王道ストーリーで描かれているんです。

インドとパキスタン、ヒンドゥー教とイスラム教の対立が主軸にある物語りと聞くとなんだかシリアスなものを想像してしまいそうですよね?
しかしそんな事はありません。

基本的にはコメディ調で描かれていて、生真面目で融通のきかないパワンにはいちいち笑わされますし、シャヒーダーの天使の様な可愛さにはついつい顔がほころんでしまいます。

メインテーマ曲(?)ではパワンがシャヒーダーと出会った事で強くなり彼女の存在が彼の原動力になっている事が歌われているのですが、この作品はパワンという男の成長の物語りでもあります。

パワンはとても優しい反面、その生真面目さから融通のきかない所があります。
その優しさから少女を助けようとするパワンではあるのですが、心の奥では他教であるイスラム教を受け入れる事が出来ないでいるのです。

そんな彼がパキスタンでの旅や出会いを通して、少しずつイスラム教に歩み寄って行く事はこの映画において大事なポイントでもありますし、こう言った成長物語りというのはロードムービーの醍醐味でもあります。

また、沢山の笑いに溢れた本作ですが、その沢山の笑いと同じくらい泣かされもします!

事あるごとに目頭が熱くなり、人によっては序盤から涙涙という人も少なくないのではないでしょうか。

王道作品ですからこの次はこうなるんだろうという予測はつきつつも、まんまと涙が溢れてきてなんだか悔しくなってしまいます(笑)

笑って泣いての本作。
2時間半という長尺の作品ですが、ポップでテンポの良い物語りに退屈する事なく最後まで二人と一緒に旅をする事ができると思います。

 

 

人々の願いと希望。

©Eros international all rights reserved.©SKF all rights reserved.

主人公パワンは融通がきかないほどに生真面目で敬虔なヒンドゥー教徒です。

そしてヒンドゥー教の神様である「ハヌマーン神」を熱烈に信奉しています。

心優しいパワンは迷子になった少女シャヒーダーを保護したのはいいのですが、彼女がパキスタン人でありイスラム教徒である事を知り強い葛藤に悩まされます。

イスラム教徒の寺院であるモスクに入る事も躊躇してしまう程に敬虔なヒンドゥー教であるパワンにとってはとても困った問題なのです。

しかしパワンは口も聞けない6才の一人の少女を助けたいというただただ純粋で強い愛によって彼女をパキスタンの家へ送り届けるという危険で無謀な行動を起こします。

つまりこの作品は、人と人の愛情や思いやりが宗教や国を超える、そして超えて欲しいという願いを描いた映画なのです。

そしてパキスタンへの旅に出たパワンとシャヒーダーは様々な人に出会い、パワンがインド人である事を知られてもなお多くの人に助けられ目的の地へと進んで行くのです。

この作品の凄いところが、これがインド映画だというところです。

前項でも書いようにインドとパキスタンはとても仲が悪いです。

しかしこの作品ではパキスタンで出会った人々の優しさや寛容な心がたくさん描かれているんです。
決してパキスタンをただ怖い場所や敵国としては描いていないのです。

国家や宗教が対立していても個人と個人は解りあえるし思い合えるという願いが込められているんです。

この作品は世界で「ダンガル きっと、つよくなる」、「バーフバリ 王の凱旋」に続くインド映画歴代興行収入の第3位を記録しています。

つまりインドや世界の多くの人達も同じ願いを持っていると言う証拠ですよね。

たしかに現実は映画のように簡単には行かないでしょう。
しかし、例えフィクションでもこうして映画という形で人々の願いが具現化され共有される事によって何かが変わるきっかけになるのではないかという希望を感じます。

 

©Eros international all rights reserved.©SKF all rights reserved.

迷子の少女とそれを助けるおじさんのお話しという時点で面白そうなわけですが、それを国家・宗教という要素を主軸にして描く事によって段違いの重みが生まれている本作。

それら以外にも詐欺や少女売買、警察の実態やマスメディアの拝金主義といった社会問題も描かれていて、エンターテイメントでありつつ社会派な作品でもあります。

特に印象に残っているのがパキスタンで出会ったモスクの司祭。

敬虔なヒンドゥー教徒ゆえにイスラム教の寺院であるモスクに入る事をためらっているパワンを司祭は温かく迎え入れます。

これをヒンドゥー教徒が8割を占めるインドが描いたという事がとても凄い事だと思います。

また、最初はとくダネの対象としてパワンとシャヒーダーを追っていた記者のチャンドが二人の事情を知り見返りも求めず協力していく姿には多くの人の持つ人間としての優しさが表現されているようでとても素敵なキャラクターとして描かれていました。

そしてラスト、彼がネットにアップした動画によりインドとパキスタンの国境に集った多くの人達。

その光景はまさにこの映画のもつテーマの本質が画として表現されていて、その国境の間にいるパワンとシャヒーダーを見守る両国の人々が二人に自分たちの願いを重ねているようでもありました。

パワンが初めて少女の名前がシャヒーダーだと知った時の表情に心が温かくなり、民衆が国境の扉を打ち破るシーンや声の出なかったシャヒーダーがパワンの名を叫ぶシーンではどうにも涙が止まりませんでした。

 

 

メタ壱スコア:4.7

国家や宗教の対立というセンシティブな内容を描きつつも、一流のエンターテイメントに仕上がっている本作。

韓国映画でも北と南の対立の悲劇と統一への希望を描いた作品が沢山ありますが、やはり国や宗教の違いはあれども解り合いたいという気持ちは全人類の持つ共通の願いなのだと感じました。

ただ、こんな良い作品なのに上映館数が少ないのが悔やまれます。
もっと多くの人に観てもらいたい!

しかしバーフバリやダンガルやパッドマンなど最近では日本でも徐々に良質なインド映画が公開されるようになってきたのはとても嬉しい事です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事