【ハナレイ・ベイ】突然息子を失った母の、息子に対する想い。
スポンサーリンク
タイトル:ハナレイ・ベイ
ジャンル:ドラマ
日本公開:2018年
製作国 :日本
監督  :松永大司
出演  :吉田羊 / 佐野玲於 / 村上虹郎

 

あらすじ
女手一つで息子タカシを育ててきたサチ。
ある日ハワイ・カウアイ島にあるハナレイベイでサーフィン中だったタカシはサメに襲われ命を落としてしまう。
それから10年間サチは毎年タカシが亡くなった時期にハナレイベイに通い息子の死と向き合おうとする。
というお話し。
メタ壱スコア 3.7

本作「ハナレイ・ベイ」は村上春樹氏の「東京奇譚集」に収録された同名短編小説を実写映画化した作品です。
ハナレイ・ベイはハワイのカウアイ島にある入江で、とても美しい事で有名なビーチがあるそうです。
その美しい景色がサチの心情とのコントラストになっているのが印象的でした。

主人公のサチは女手一つで息子タカシを育ててきました。
しかし二人の親子関係は上手くいっていませんでした。
そんな中である日突然事故(サメ)により息子を失ってしまった母親を描いているのが本作です。
この作品ではサチの心情がセリフではほとんど語られませんし、特別大きな出来事も起きません。
ですから、割と好き嫌いが別れるかもしれません。
しかし、説明的なセリフがない事により観ている側がサチの心に寄り添う形になりそれがこの作品を深いものにしています。
実際、この作品を観た他の方の感想を読んでみると僕とは全然違った感想や解釈を持っている人も多く、つまりそれはこの作品がそれぞれの個人のパーソナルに訴える力を持っていると言う事だと思います。

そんなこの映画のポイントの一つは「上手くいっていない親子」という部分です。
もしこの親子が上手く行っている親子であったならば母親は純粋に悲しむ事で現実と向き合う事が出来たでしょう。
また、息子が亡くなったのが「サメに襲われた」という自然が原因だというのももう一つのポイントです。
これが事件や人相手の事故であればその加害者を恨むことで感情を一方向に定め発露させる事でサチは時間と共に心の整理をつけることが出来たかもしれません。
しかし不仲の息子が自然の前に命を落とした事でサチは現実と向き合う事が出来ずにいたのです。
“向き合う事が出来ない”というのは、サチ自身が辛い事を受け入れられずに避けているというよりは、心が上手く現実を処理出来ずそれはまるで排水口が詰まって水が流れなくなってしまった流し台みたいに彼女の感情は濁った水の様になって心の奥底に溜まってしまっているようでした。
だから彼女は現実とどうにか向き合おうと毎年同じ時期に10年間もハナレイベイに通い続けたのです。

そんな彼女の10年目のハナレイベイでの出会いや出来事が美しい景色の中で静かにそして繊細に描かれていきます。
そうやってサチが徐々に現実と向き合っていく姿は僕たち観客の心の中にあるモヤモヤも一緒に洗い流してくれるようで、重たいテーマながらもこの映画にはどこか優しさや清々しさのような空気が漂っていると僕は感じました。

 

 

 

⇩ここからネタバレ⇩

10年間ハナレイベイに通い続けたサチ。
こんなに長い間通い続けたと言う事はその間ずっと心の整理をつける事が出来なかったと言う事なのでしょう。
実際、息子の死の知らせを聞いてカウアイ島に駆けつけた時も、日本に戻ってお葬式を上げた時もその後もずっと、サチは一度も涙を流していませんでした。

サチはハナレイベイではいつも砂浜から少し離れた定位置に椅子を置きそこで読書をしています。
決して浜辺や海には近付こうとしません。
それは息子を奪った海を忌避しているようでもあり、現実と向き合う事を心の奥底で避けているようにも見えます。

そんな中で出会った日本人の青年二人組。
彼らは事故当時のサチの息子と同じくらいの年齢で同じくサーファーでした。
そんな彼らとの交流が徐々にサチの心を動かしていきます。
もしもタカシが生きていたら、もしもタカシとの関係が上手くいっていたら、きっとこんな感じだったのかもしれない。
そうやって彼らを通して叶わなかった親子関係をやり直す事で、不仲だった息子とようやく向き合い始める事が出来たのだと思います。

そしてその青年二人組から聞かされた「片足の日本人サーファー」の話し。
それを息子の亡霊だと思ったサチはその「片足の日本人サーファー」を探します。
結局その正体が息子の霊だったのか、人違いなのかはわかりません。
しかしそうやって息子の亡霊を探す事でサチはようやく亡くなった自分の息子に対する停滞し溜まっていた気持ちを自覚していきました。

そしてホテルの部屋で感情を爆発させ、息子の手形を前にようやく涙を流すのです。
「あなたに会いたい」
それが彼女の息子に対する純粋でたった一つの本当の気持ちだったのです。

「私は息子が嫌いでした。でも息子を愛していました」
このセリフにサチの息子への思いが全て詰まっていたように思います。
もしかするとサチはこれまで自分が息子を嫌いだという事を認めたくなかったのかも知れません。
息子の死に涙を流せなかった事を後ろめたく思っていたのかもしれません。
しかし10年目にしてようやく彼女は自分の本当の気持ち、息子を嫌いだという事、しかし誰よりも強く彼を愛していたという事を受け止め、そうする事で自分の気持ちに整理をつける事が出来たのかもしれません。

そしてラスト、海辺から振り返ってサチは微笑みます。
きっと彼女はようやく「片足の日本人サーファー」を見つける事が出来たのではないかと僕は思っています。

 

まとめ

とても静かで、それでいて人間の強い想いの詰った本作。
もともとは別の映画を観るつもりで映画館に行ったのですが交通渋滞に巻き込まれ間に合わず、時間の丁度良かった「ハナレイ・ベイ」を観たのですが、そうやってアクシデントが起きた事でこの作品を観る事が出来てむしろ幸運だったかも知れません。
この作品の中でサチは色々な人との出会いを通して前に進んで行きますが、こうした映画との出会い方というのも面白いものです。
たまには観る映画を決めずに映画館に行き、その時たまたま丁度良かった時間の映画を観るというのも思いがけない素敵な映画との出会いがあっていいかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事