【クワイエット・プレイス】緊張感、半端ないって!
スポンサーリンク
タイトル:クワイエット・プレイス
ジャンル:ホラー / スリラー
日本公開:2018年
製作国 :アメリカ
監督  :ジョン・クラシンスキー
出演  :エミリー・ブラント / ミリセント・シモンズ / ノア・ジュプ

 

あらすじ
音を立てたら即死。
音に反応し命を奪う“何か”によって人類は絶滅の危機にあった。
そんな荒廃した世界で生きる一家がいた。
手話で会話し、なんとか音を立てずに生き延びて来た。
しかし母親は妊娠し、出産の時期を迎えようとしていた・・・。
というお話し。
メタ壱スコア 3.6

本作は“音”にフォーカスしたホラー映画です。
“音”にフォーカスした有名なホラー映画といえば「ドント・ブリーズ」がありますが、今作は「ドント・ブリーズ」よりも更に“音”の比重を大きくしたストーリー設定になっています。
「ドント・ブリーズ」では必ずしも音を立てる事が直接的に死には繋がりませんでしたが、「クワイエット・プレイス」はキャッチコピーにもあるように音を立てる事が即、死に繋がります。
これが思った以上に効果的なんです!
ぶっちゃけ、大まかなストーリー展開に関してはそんなに新しくはないのですが、音を立ててはいけないという設定は観客に対して物凄い緊張感を与えるのです。
当たり前ですが音って何をしても立ちますよね。
登場人物たちはみんな音を立てないように細心の注意を払って生活しているのですが、はたから観ていると危なっかしくて本当にドキドキします。
それが90分間の上映中ほとんど途切れる事なく続くので、普通だったら退屈になりがちな日常的なシーンも常に緊張感が漂っているというのは結構新しい体験でした。
上映時間の90分というのも丁度良い長さで、これ以上長くなると観ている方の神経がもたないなと思いました(笑)

また、主人公一家の長女は耳が不自由なのですが、そんな彼女にフォーカスが当たるシーンでは映画の音声が耳を塞いだように遮断された感じになります。
これにより観ている観客が耳の聞こえない長女と感覚を共有出来るわけです。
この演出のおかげではじめて気づいたのですが、音を立ててはいけない世界で、音が聞こえないというのはとても恐ろしい事なんです。
なぜなら自分がした行動がどの程度の音を立てているのかわからないからです。
そして何をしたらどのくらいの音が鳴るのかもわかりません。
もし自分の近くで音がなっても気づく事も出来ません。
つまりこの世界で耳が聞こえないという事はかなり大きなハンデになっているのです。
ですので長女の行動に、他の家族のそれ以上にドキドキしてしまいます。

このように「クワイエット・プレイス」はこれまでの同タイプの映画とは一味違った恐怖を“体感”出来る作品に仕上がっています。
音響が大事な作品ですので是非映画館でこの緊張感を味わって頂きたいと思います。
もし、映画館で観る事が出来なくて自宅で鑑賞する場合も、ながら観ではなく集中して、音の良いヘッドフォンなどを使って観る事を強くオススメします。

 

 

⇩ここからネタバレ⇩

ストーリーのおさらいと感想

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

物語りの始まりは「約80日後」(正確な日数は忘れてしまいました)。
主人公一家が音を立てないように細心の注意を払いながらショッピングをしているシーンからはじまります。
家族構成は、父、母、長女、長男、次男の5人。

その帰り道、長女が次男にあげたオモチャの音が突然鳴り出し、音に反応する“何か”に襲われ次男が死亡します。
開始10分程の時点でその“何か”がモンスター系の生物だという事が判ります。

そしてオープニングクレジットでいくつかの情報が提示されます。
この世界にモンスターが現れ人類は絶滅の危機に瀕しているらしいということ。
そして、そのモンスターは隕石の落下によってもたらされた事が疑われているということ。
冒頭の「約80日後」というのはおそらくそのモンスターが現れてからの日数でしょう。
そしてそのモンスターは目がなく、音に敏感に反応し、皮膚は鎧のように硬い。

これらの事実から導き出される結論は・・・。
そう、戦えないのです!
アメリカ映画といえば付き物なのが銃です。
ゾンビだろうとモンスターだろうと宇宙人だろうと銃火器でドンパチやるのがハリウッド流。
しかし今回は大きな音が鳴ってしまう銃は使えないわけです。
きっとはじめてモンスターが現れた時には軍隊などが兵器でもって応戦したに違いありません。
しかしたったの80日後には人類が絶滅しかかっている状況を考えると、人類の戦力に対してモンスターの勢力の方が圧倒的だったという事なのでしょう。
つまり生き残った少数の人間がまともに立ち向かう事なんて到底出来ないわけです。

そして次男死亡から約1年が経ちます。
主人公一家は頑張って音を立てないようにほそぼそと生き延びていましたが・・・。
なんとお母さんが妊娠しちゃってるのです!
なんでこんな時に妊娠したんや!
赤ちゃんなんて産まれた瞬間にオギャアと泣きますから即アウトじゃないですか。
きっと次男を亡くしてしまった事が夫婦に子供を作らせてしまったのだと思います。
思いますが・・・ねぇ。

そして一家は母の出産に備えてお手製の防音室を作ったりしています。

しかし、出産間近のある日お母さんが釘を踏んでしまいます!
なんとか大きな声を出すのは堪えたものの、手に持っていたランプを落としてしまい大きな音をたててしまいます。
そしてすぐさまその音を聞きつけたモンスターたちがやってきます。

戦えないのでとにかく逃げる事しか出来ません。
しかし長女にモンスターが接近すると、耳の悪い彼女のために父親が作った補聴器が激しいノイズを発し、同時にモンスターも苦しみ出します。
どうやら、お手製のその補聴器と聴覚がやたら発達したモンスターの何かが干渉してしまっているようなのです。

なんとか出産は無事に終えたものの、子供を庇った父親はモンスターにやられてしまいます。
そしてついに追い詰められた母と長女でしたが、すんでの所でモンスターの弱点に気付きマイクとスピーカーを使いのその効果を増幅させます。
それで弱ったモンスターを母親がライフルでやっつけます。

その銃声を聞きつけ複数のモンスターがやってきますが、母娘もそのモンスターに対抗する手段を見つけたわけで、やってやる!みたいな表情を見せたところで映画は幕を閉じます。

完全に次回作に続く!という終わり方なわけです。
実際すでに2020年5月に続編が全米で公開される事が決まっています。

ラストでついに防戦一方だった人類はモンスターに対抗する手段を見つけたわけです。
次回作では、生き残った人類が協力して音兵器を駆使しモンスターたちと全面対決、というような展開になるのでしょうか?
父親もモンスターに襲われはしたものの死体は確認されていないので実は生きていそうな気がします。

モンスターとの全面対決!となると、なんだか「音をたててはいけない恐怖」という独自の設定が薄れてしまいそうな気がしないでもないですが、是非2でもこの設定を効果的に活かした物語りを期待したいです。

 

モンスターの正体考察

今作に登場するモンスター。
音に敏感。
目は見えない。
表皮は鎧の様に硬い。
素早い。
強い。
これらの特性以外にはほとんどが謎のままです。
という事でここからはこのモンスターの正体が一体何なのかを考察してみたいと思います。

ありそうな可能性として思いつく4つの仮説を考えてみたいと思います。

■仮説1・隕石にくっついて地球にやってきた宇宙生物説。
■仮説2・地球の地底に生息していた未知の生物が環境破壊か何かで地上に出てきた説。
■仮説3・軍などが秘密裏に開発していた生物兵器説。
■仮説4・地球侵略を企む宇宙人の生物兵器説。

僕が思いついたのはだいたいこの4つです。

ではまず仮説1の隕石説
これは映画の冒頭でも示唆されている説です。
しかしこれはミスリードなのではないかと僕は思っています。
地球に墜落した隕石にくっついていたとして、いくら頑丈な生物でもその衝撃を生き延びられるとは思えません。
実際、表皮は硬くとも頭があいた部分を狙えばライフルで倒せるくらいの生物ですし。

では仮説2の地底生物説
目が見えないというのは普通の地上生物としては考えづらいです。
あるとすれば深海魚や洞窟の奥深くに生息する魚のように、光の届かない場所に住んでいる生き物くらいです。
ゆえに地底生物であれば目は退化したという可能性もあります。

しかしこのモンスター、そもそも自然生物としておかしな点があります。
見た目からして地球上の生物っぽくないですが、それよりもその生態がおかしいのです。
音に敏感というのはいいとして、音を立てたものをもれなく襲うというのはどうもおかしい。
捕食の為に襲うのならばわかりますが、このモンスターはどうも音を立てたものをただ殺すために活動しているようなんですよね。
実際映画の中でこのモンスターが食事をしているシーンは一つもありませんし、殺された人たちも食べられた形跡はありせん。
人間を殺してはすぐに去っていきます。
これはまるで生き物を殺す事だけを目的に活動しているように見えます。
この事は仮説1に対しても言える事で、どうも自然な生物ではないような気がします。

と言うことで、仮説3の軍の生物兵器説
アメリカかどこかの軍が新たな戦争用兵器として開発した生物兵器、というのはありそうな感じがします。
それが実験の失敗か何かで手に負えなくなり研究施設から逃げ出してしまったのかもしれません。
しかし、この仮設にも問題点があります。
どこかの国の軍の生物兵器が逃げ出したとしたら、その被害が日本にまで及ぶというのは考えにくいのです。
映画の序盤で父親が日本とも無線交信を試みていましたが通じなかったシーンがありました。
どうやら日本も無事ではないようです。
つまりモンスターは日本も襲ったという事になりますが、果たして海を泳いで世界中に拡散するなんて事があるでしょうか?
しかもたったの80日間かそこらで繁殖し海を渡って世界中に拡散し人類を絶滅間際まで殺戮しているというのは少し無理があるような気がします。

と言うことで僕の中で一番しっくりくるのが仮設4の宇宙人の生物兵器説です。
地球を侵略にきた宇宙人が現住生物を絶滅させる為に地球中にこのモンスターを大量に放ったとしたらこれまでの疑問が解消されます。
ドンパチの戦争をしてしまうと宇宙人側にも被害が出る可能性がありますし、せっかくの地球の環境を破壊してしまう恐れもありますからね。
また、宇宙船から放たれたとすれば世界中にモンスターが散らばっているのも納得がいきます。
生物兵器としての特徴としても、単純に凶暴なだけの生物よりも聴覚に特化した生物の方が隠れている生き物まで見つけ出せて効率よく一掃出来るような気がします。
あの歪な形体もその目的に合わせて人為的に作りだされたモンスターだからなのかもしれません。
映画冒頭に隕石というワードが出てきましたが、それは宇宙人がモンスターを地球に放つ際に使われたポッドのような物の事なのかもしれません。

と言うことで、現時点で僕のモンスターの正体考察は「宇宙人が地球に放った生物兵器説」という結論に至りました。
しかしながら実際は可能性はいくらでもあります。
異世界からやってきた魔物だったり、ゾンビのようにウィルスに感染した人間の成れの果てだったり。
もしかすると、モンスターの正体は結局明かされないという可能性だってあります。
しかしまぁ、一番ありそうな可能性としては今回の仮説4なのではないかなと思います。
そうなると、シリーズで本命の侵略宇宙人との戦争なんて展開になっていくのでしょうか。
次回作はまだまだ先ですが、実際のモンスターの正体が何なのか今から楽しみです。

 

まとめ

個人的にはもう少しBGMを減らしたり控えめなものにして欲しい(もしくはBGMが一切ない方がこの映画のコンセプトに合っていたのではないかなとも思う)と思いましたし、ストーリー上のツッコミどころも多々ありました。
しかし、映画を観ながらこんなに緊張したのはちょっと新鮮な体験でしたし、多くの人が十分に楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっていたと思います。
次回作はまだまだ先ですが、続編も必ず劇場で観たいと思います!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事