【クレイジー・リッチ!】まさか彼が超絶セレブだったなんて!
スポンサーリンク
タイトル:クレイジー・リッチ!
ジャンル:恋愛
日本公開:2018年
製作国 :アメリカ
監督  :ジョン・チュウ
出演  :コンスタンス・ウー / ヘンリー・ゴールディング / ジェンマ・チャン

 

あらすじ
アメリカの大学で経済学の教授をしているレイチェル。
恋人のニックが友人の結婚式の介添人をする事になり、彼の故郷であるシンガポールに一緒に行く事に。
レイチェルはそこで初めてニックがクレイジー・リッチ(超絶お金持ち)である事を知る。
突然シンガポールのセレブ界に放り込まれたレイチェルはニックの母親に彼との交際を反対され、更にはセレブ界の女子たちからの嫉妬にさらされる事になってしまう。
そんな状況の中、果たしてレイチェルの恋愛はどんな結末を迎えるのか。
というお話し。
メタ壱スコア 3.7

こちらの作品、舞台は主にシンガポールでキャストもアジアの方々ですが、アメリカ制作の映画です。
最近の中国や東南アジアの経済の勢いは凄いですよね。
東南アジアのお金持ちは日本とは比べ物にならないくらいに凄いらしく、その中心にあるのがシンガポールだと言っても過言ではありません。
そんなシンガポールのクレイジー・リッチ(超絶お金持ち)と一般人女性の恋愛を描いたのが今作なわけです。

ありがちと言えばありがちな設定ではありますが、それがハリウッドを舞台に描くのではなくアジアで描くというのが新鮮ですね。

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

そしてそのストーリーは↓

彼氏が実はお金持ちだったと判明し、一般女性が突然セレブの世界に放り込まれます。
しかし彼の親には受け入れてもらえず、周囲のセレブ女子からは金持ちをたぶらかした女として嫉妬の的になり、様々な障壁が彼女と彼の前に立ちはだかります。
しかし主人公は果敢にそれらに立ち向かい持ち前のバイタリティで周囲をギャフンと言わせセレブの世界でのし上がり大恋愛を成就させて幸せになる・・・という単純なお話ではございません!
弱い立場の人間が強い立場の人間を痛快になぎ倒し、大事なのはお金じゃなくて愛なのよ!というような視聴者の溜飲を下げるために作られたようなシンプルな物語りではないのがこの作品の最大の魅力であります。

ズバリこの作品のテーマは「価値観の違う人間同士の軋轢」です。
お金持ちの人の人間性がどうとかではなく、お金持ちの環境で育って来た人、庶民として育って来た人の価値観の違いが大事になってきます。
実際、この映画の中で「お金」そのものが主人公たちの障害にはなっていません。
セレブの人たちには彼らの家族観、人生観、生き方があります。
庶民には庶民のそれらがあります。
その違いが相手に対する拒否感を生み、偏見や拒絶を生むわけです。
これはなにもセレブと庶民だけの話しではなく、国の違い、文化の違い、宗教の違い、さらには趣味の違いなんかでも起こる対立とも通じます。
そんな人間にとって普遍的なテーマが、セレブと庶民の軋轢というものを通して見事に描かれていました。

軽快な音楽にカラフルな色彩でポップに作られた本作。
クレイジー・リッチたちのそのど派手な遊び方には度肝を抜かれ、もはや笑えてきます(笑)
飛行機のファーストクラスなんて当たり前。
お祭りのようなパーティーが毎日のように開かれ、これはフェスですか?と思ってしまうほどにど派手な遊び。
島なんて当たり前に持ってるし、大型船だって貸し切ります。
そんな最早ギャグレベルのセレブさに驚いたり笑ったりしながら彼らの非現実的なリッチぶりを楽しめます。
しかしその奥には人間の本質を捉えた重厚なテーマがあり、エンターテイメントとしても人間ドラマとしても上質な作品に仕上がっています。
ジャンルとしては恋愛ものなので男性は少し敬遠してしまいそうな作品ですが、男性でも十分に楽しめますよ!

 

 

⇩ここからネタバレ⇩

親友ペク

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

セレブVS庶民という単純な図式ではない本作においていい味を出していたのが主人公・レイチェルの友人・ペクです。
ペクはニックほどではないですが普通にセレブです。
しかし、そのキャラクターは陽気で友達思いの人好きのする女性です。
そんなセレブだけど庶民的なペクの存在が、ともすればセレブと庶民の対立になってしまいそうなストーリーにおいてその部分を緩和させていますし、主人公の周りが敵だらけという緊張状態でのオアシス的な役割を果たしています。
なんだかペクは男っ気のなさそうな感じでしたが彼女にも幸せな恋愛をする時が来る事を願わずにはいられません。

 

自分に誇りを持つという事

この作品が単なる庶民とセレブの対立ものになっていないという象徴的なエピソードがありました。
それはニックの従姉であるアストリッドとその夫の浮気のエピソードです。
アストリッドの夫は浮気をしてしまいますが、それは庶民出身で収入格差があるという事の妻に対する引け目からしてしまった逃避でした。
しかしアストリッドは生まれの違いや収入格差など気にしていなかったし、愛する彼に気を使って高価な買い物などを彼に見つからないように隠したりしていました。
結果的にそれが更に彼の心を追い詰めてしまったのですが、アストリッドは常に彼に対して思いやりを持っていましたし、格差を感じさせないように配慮したのも彼女の夫に対する優しさからでした。
しかし彼はそれをちゃんと受け止める事が出来ずに二人の関係は壊れてしまいました。

一方、主人公のレイチェルはニックとの格差に翻弄されたり、それを理由にニックの母親たちに拒絶され傷ついても、自分の人生への誇りをなくしませんでした。
自分の環境がどうであろうと、出生の秘密がどうであろうと、彼女は自分の人生や生き方に誇りをもって母親たちに立ち向かい、ニックへの愛と思いやりを貫いたのです。

しかしアストリッドの夫は残念ながらレイチェルのようにはなれなかったのです。
妻は彼を本当に愛していましたし、いつも思いやっていました。
しかし彼は息苦しい環境の中で劣等感だけが育っていき妻の愛にも正面から向き合えず自信が持てないまま劣等感を拗らせてしまったのです。
彼にはレイチェルのような自分に対する誇りをもてなかったのだと思います。
そんな彼は悲しい存在に見えましたし、逆に誇りを失わずに幸せを掴んだレイチェルは本当に格好良く見えました。
僕も普段の生活の中で、例えばイケメンに対して劣等感を感じたり、自分より優秀な人に対する嫉妬を拗らせ捻くれた気持ちになる事があります。
しかしそんなマイナスな気持ちは僕を救ってくれるどころか余計に闇落ちさせるばかりです。
イケメンや優秀な人たちはそれはそれ、僕はその人達とは違うかもしれませんがそんな自分に誇りを持って堂々と生きる事が本当にかっこいい生き方なのかもしれません。

 

まとめ

深いテーマを描いた本作ですが、笑いの要素もふんだんに取り入れられ、クレイジー・リッチたちのそのど派手な生活ぶりをみるのも楽しかったです。
僕はシンガポールには行った事がないので、いつか例のビルの上の船の所に行ってクレイジー・リッチ感を味わってみたいと思います(笑)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事