【クリード 炎の宿敵】父親を背負った者同士の運命の血戦。
スポンサーリンク
クリード 炎の宿敵
ジャンル
アクション / スポーツ / ドラマ 日本公開2019年1月11日 製作国アメリカ 上映時間130分 監督スティーブン・ケープル・ジュニア 出演シルヴェスター・スタローン / マイケル・B・ジョーダン / テッサ・トンプソン
あらすじ
ロッキーと共に世界チャンピオンの座を手にしたアドニス・クリード。
そんな彼に試合を申し込んで来たのはかつてアドニスの父アポロ・クリードの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクター・ドラゴだった。
父親同士の因縁を背負った二人の男の闘いが今始まる。
こんな人にオススメ!
●ロッキーシリーズが好きな人。
●家族モノ、親子モノ作品が好きな人。
●アツい闘いが好きな人。

国を背負った闘いから、父親を背負った闘いへ。

©2018 Warner Bros.

言わずと知れた大人気作品「ロッキーシリーズ」
本作はその第8作目にあたる作品です。

「ロッキーシリーズ」は1〜ザ・ファイナル(6)までが製作され、その後主人公をロッキーからロッキーのライバルであり親友のアポロ・クリードの息子アドニス・クリードにバトンタッチした「クリードシリーズ」が製作されていて、「クリードシリーズ」としては第2作目にあたります。

今作では「ロッキー4/炎の友情」でアポロの息子であるアドニスとアポロを死に至らしめたイワン・ドラゴの息子ヴィクター・ドラゴの父親を背負った闘いが描かれています。

「ロッキー4/炎の友情」は85年の作品で冷戦におけるアメリカVSソ連という構図をアポロ、ロッキーとイワン・ドラゴの対決に落とし込んでいました。

それから34年、「クリード 炎の宿敵」では国を背負った闘いから父親を背負った闘いという家族をテーマにした作品になっています。

アポロとアドニス、イワンとヴィクター、そしてロッキーとロッキーの息子ロバート、そしてロッキーとアドニスもある意味で親子と言えます。

「ロッキー4/炎の宿敵」でロッキーに敗北したイワンは母国で冷遇されていて、その事でロッキーに対して恨みを持っており息子のヴィクターをボクサーとして徹底的に鍛えていました。

そしてその復讐の相手としてロッキーの弟子であるアドニスに闘いを挑んできたのです。

イワンに父を殺されたアドニス
ロッキーのせいでどん底の人生を送る事になったイワン
イワンの敗北宣言により母親に捨てられ、父親にボクサーとして無慈悲に育てられてきたヴィクター
性格の違いや境遇の問題から息子ロバートと疎遠になってしまったロッキー

それぞれの複雑な悲しみと因縁が入り混じった、親子を背負った
宿命の闘いが始まるのです。

最悪「ロッキー」、「ロッキー4/炎の友情」、「クリード チャンプを継ぐ男」を観ておけばストーリーは追えるとは思いますが、ロッキーシリーズは大河ドラマでありこれまでの歴史を知っておく事で凄く重みが出てくるので出来るだけ全ての作品を観てから本作を鑑賞する事を強くオススメします!

 

 

最後のスタローン。

©2018 Warner Bros.

1976年から続くこのシリーズ。
ロッキーを演じるシルベスター・スタローンは今作がロッキーを演じる最後だと発言しています。

これでロッキー・バルボアを見れるのが最後だと思うととても寂しい思いでいっぱいです。

ロッキーシリーズを観た事のない人でもご存知の通り当シリーズはボクシング映画です。

しかし、ロッキーがこれほどまでにファンを夢中にさせる理由は単純にボクシング作品、スポーツモノとしてのサクセスストーリー的な面白さだけではありせん。

じゃあ他に何がロッキーシリーズの魅力なのかと言うとそれはズバリロッキー・バルボアという人物の魅力なのです。

明るくてユーモアたっぷりで優しくて愛妻家、一作目では無名のボクサーだったロッキーが多くの強敵と死闘を繰り広げ、そして年を取っていく。
そんな彼を多くのシリーズファンはどこか友人のように思っているのです。

「クリード 炎の宿敵」で実際にボクシングをするのはアドニスですが、これは同時にロッキーにとっての最後の試合だと言えます。
次回作があればおそらくロッキーは亡くなっている可能性が高いでしょう。

シリーズを通して私達ファンはロッキーという一人の男の半生を共にし、彼を心から大好きになっているのです。

そんな人間ドラマとしても魅力に溢れたロッキーシリーズ。
まだロッキーシリーズを観ていない方は今作だけでなくシリーズを1から観て彼と友人になってみてはいかがでしょうか?

 

 

試合の決着。

アドニスVSヴィクター、ボクシング映画ですのでもちろん最後は試合をしますし、決着も付きます。

スポーツ映画においてオオトリの試合とその決着の着き方というのはその作品の持つメッセージを決定づける一要素として重要なものです。

そして今作「クリード 炎の宿敵」のラスト。

この試合の決着の付け方はそれぞれに因縁を持つロッキー、アポロ、アドニス、イワン、ヴィクターにとって最高の決着だと思います。

それはなにも今作内においてのみ最高というわけではなく、これまでのシリーズ、特に「ロッキー4/炎の友情」から続く物語として最高の終わり方をしていると思います。

これは40年以上にわたり続いてきた長いシリーズだからこそ到達できたものであり、他ではなかなか味わう事の出来ない深い感動を与えてくれます。

登場人物それぞれにとって一つの集大成とも言える本作。
是非その目で確かめて頂きたいと思います。

 

上でも書いた通り、今作の試合の決着は本当に良かったです!

ヴィクターに対しタオルを投げたイワン。

あれだけ機械の様に情け容赦なく息子をボクサーとして育ててきたイワンが見せた父親としての優しさ

その直前にヴィクターの母親が息子を見限って決着がつく前に席を立ちました。

それを見てからイワンはタオルを投げたのですが、あの時のイワンはどんな気持ちだったのでしょう。

母親に見捨てられた息子を助けられるのは自分だけだと思ったのでしょうか。

実はヴィクターとイワンは母親に自分達の勝つ姿を見せたかったのだけど、その母親が立ち去った事でこれ以上闘う必要がないと思ったのでしょうか。

そして、このタオルで終わるというのは「ロッキー4/炎の友情」とも深い繋がりがあります。

アポロが死んだイワンとの試合。
あの時のセコンドについていたロッキーは完全に劣勢で試合の続行が危険な状態だったアポロに対してタオルを投げるかどうかを迷った末にアポロの希望通り最後まで試合を続けさせました。

同じボクサーとして親友として、ロッキーはアポロの気持ちを尊重したのです。

しかし、そのせいでアポロは命を落としてしまいロッキーはこの時の判断を悔やみ続ける事になりました。

このラストが同じボクサーとしてのアポロとロッキー、親子であるヴィクターとイワンとの対比になっていて、34年前にロッキーがすべきだったが出来なかった事を描く事でこれまでの因縁をすべて洗い流したような感動的な決着になっていました。

 

 

メタ壱スコア:3.8

ロッキーシリーズが始まった1976年にはまだ僕は生まれてなくて、実はこれまでロッキーシリーズは観た事がありませんでした。

そして今作が巷で話題になっていると言う事ではじめて一作目から一気観したのです。

そしてどハマリ。
なんと言ってもロッキーという人間に惚れてしまいました。

ですから、大河ドラマでもあるロッキーシリーズをリアルタイムで観てきた人達がとても羨ましいです。

しかし、一気観はそれはそれでどっぷりとロッキーの世界に浸ることが出来てとても楽しかったです。

また、一作目は古い作品ですので、最新作までの映像の進化も観ていて楽しかったですし、昔の映画の撮り方の魅力も堪能できました。

まだシリーズ未見の人はぜひ僕と同じように一気観でロッキーの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事