【アリー/ スター誕生】魂震える愛と歌。
スポンサーリンク
アリー/ スター誕生
ジャンル
恋愛 / 音楽 日本公開2018年12月21日 製作国アメリカ 上映時間136分 監督ブラッドリー・クーパー 出演レディー・ガガ / ブラッドリー・クーパー / サム・エリオット
あらすじ
ジャクソンはミュージシャンとしての成功を手に入れながらも酒とドラッグに溺れる生活を送っていた。
そんなある日彼が出会ったのが、音楽の才能を持ちながらも容姿などに自信が持てずドラッグ・バーでほそぼそとステージに立つアリーだった。
偶然の出会いから恋に落ちた二人。
ジャクソンとの出会いによりその才能を世に認められスターへの階段を登っていくアリーだったが、しかし彼女とは対照的にジャクソンは更に酒とドラッグに溺れてゆくのだった。
こんな人にオススメ!
●レディ・ガガの素顔が見たい人。
●音楽映画が好きな人。
●王道ラブストーリーが好きな人。

ガガとアリー。

©2018 Warner Bros.

「えっ!?これ、レディ・ガガ!?」
この映画の予告を観てそう思った人も多いのではないでしょうか?

本作「アリー/スター誕生」の主人公を演じているのはあのレディ・ガガです。

レディ・ガガと言えば生肉のドレスなど奇抜のさらにその先をいったようなファッションに注目が集まりがちで、よく考えると彼女の素顔ってほとんど見た事がない気がします。

そんなガガの見せる素顔の彼女が今作の魅力の一つと言えます。

それは単純にガガの顔という意味だけではなく彼女自身の人生という意味でもあります。

ガガ演じるアリーは抜群の音楽センスを持ちながらも自分の容姿にも才能にも自信がなく、ドラッグ・バーという日の当たらない夜の世界でその歌を披露しているだけでした。

アリーは特に自分の鼻に自信が持てなかったのですが、実はガガ自身もアーティストとしてデビューする前にマネージャーに鼻の整形を勧められた事があるそうです。
その容姿では売れないと。

また、ガガは学生時代にはファッションセンスや容姿をバカにされ日陰に生きる大人しい子供だったそうです。

それが今こうして世界中で名前の知られる超一流アーティストになった訳ですが、こういったエピソードが劇中でジャクソンという最愛の人に才能を認められスターに上り詰めていくアリーとシンクロするんです。

こう言ったガガのエピソードを知っている人、とりわけガガの熱烈なファンの人にとってはアリーとガガがオーバーラップし、特に初めて大きな舞台に立ちジャクソンと共にメインテーマ曲である「Shallow」を歌うシーンは涙と鳥肌無しには観られないのではないでしょうか。

同時期に公開されたQueenとフレディ・マーキュリーの半生を描いた大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」でこれまでQueenを知らなかった人達が彼らに熱狂したように、「アリー/スター誕生」を通してレディ・ガガの新たな一面を知り彼女のファンになる人が増えるのではないかと思います。

 

 

ブラッドリー・クーパー。

©2018 Warner Bros.

この作品は恋愛映画であると同時に音楽映画でもあり、劇中では実に多くの楽曲が使われています。

オリジナル・サウンドトラックにはメインテーマ曲である「Shallow」を始め34曲もの音楽が収録されていて、「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」の記録を抜いて全米アルバムチャートで3週連続1位を記録したそうです。

あたり前ですがやはりレディ・ガガの歌唱力は凄く、魂のこもった力強い歌声を聴かせてくれます。

しかし、注目するべきはガガだけではありません。

同じく主演にして監督を務めるブラッドリー・クーパー
彼も劇中で多くの歌を披露してくれます。
とても魅力的な低音ボイスに甘い喋り方のクーパーのその歌声がまた素晴らしい。

作中でクーパーはガガとのデュエットを披露してくれるのですが、歌手ではないクーパーにとってこのプレッシャーは相当なものだっただろうと思います。

なにせ相手はあの一流アーティストのレディ・ガガな訳で、しかもそれがデュエットともなると誤魔化しは効きません。
そんなプレッシャーの中でクーパーはかなりのボイストレーニングの末、ガガに並ぶアーティストとしての歌唱力を身につけたわけです。

もちろん全曲クーパー本人が歌っています。

それだけではなく、劇中でギターやピアノを披露したクーパーですが、実は彼はこれまでギターもピアノも未経験だったそうなんです!

それを半年間の猛特訓で身につけるとは彼のプロ根性と才能には脱帽するばかりです。

役者、アーティスト、そして監督とこれはIKKOさんでなくともどんだけ〜と言ってしまう事必至です。

そんな二人が歌う数々の名曲。
それらを聴くだけでも観る価値のある映画だと思います。

 

 

愛の行く末。

本作「アリー/スター誕生」は実はリメイク作品で、1937年の映画「スタア誕生」に始まり、1954年、1976年に続く4度目のリメイクにあたる作品です。

ストーリーは王道のラブストーリーであり、日陰の女性が恋人との出会いをきっかけにスターダムにのし上がるというシンデレラストーリーでもあります。

その点で好き嫌いは分かれるかもしれません。

しかし王道とはいえ、というかむしろ王道だからこそある程度決まったテンプレート的な素材の中でそれらをどう仕上げるのかで監督や脚本家の作家性が表現されるのだと思います。

料理の王道であるカレーでも、その味は千差万別という感じ。

この作品を観た印象として主役の二人にフォーカスを当て過ぎている感があり、もう少し周囲の人間関係なども描いて欲しかったなと個人的に感じました。

ただラストの展開を考えると、周りの人々とのエピソードを削ぎ落としその分主役の二人にフォーカスを当てる事で二人の恋愛の軌跡に重みを与える事が出来たという捉え方も出来ます。

そのあたりがブラッドリー・クーパー監督の作家性だと言えるのかもしれません。

そんな売れっ子俳優でもあるブラッドリー・クーパー初長編映画監督作品の「アリー/スター誕生」。

日陰の存在であったアリーはジャクソンとの出会いによってスターへの階段を登って行き、逆にジャクソンは次第に酒とドラッグに溺れて行きます。

そうやって相手を想いながらも次第に距離の離れて行く二人が相手をどう想い、関係はどう変わっていくのか。

ブラッドリー・クーパー監督が描く愛とは、そして相手を想うとはどういう事なのかを問う物語りの結末に、あなたは何を思うでしょうか?

 

この物語りのラスト、結構賛否が分かれるのではないかという気がします。

正直僕もこの結末をどう捉えればいいのかしばらくモヤモヤしていました。

ジャクソンの自殺。

彼のその決断にアリーへの想いや愛情が詰まっていてそれがこの物語りを深みのある物にしているという部分はあると思います。

しかし、しかしですよ。
自殺というのは救いがない。

物語りの登場人物としてのジャクソンは、自分がアリーにとっての障害になっているという思いがあり、またお酒やドラッグにも溺れていましたからその最期の選択として自殺を選んだというのはわからんでもありません。

しかし、もっとメタ的に一つの物語りとして見た時には自殺という選択はジャクソンにとってもアリーにとっても不幸でしかなく、僕としてはもちろん感動もしたのですが、他に何か方法はあったのではないかといような拭いきれない後悔の念のような感情や悲しみの方が強く残ってしまいました。

そんな事をモヤモヤと考えている内に僕は個人的な一つの答えに希望のようなものを見出しました。

実はこの映画では冒頭で映画の結末があらかじめ暗示されていました。

映画の冒頭部分、ジャクソンが初めてアリーの働くドラッグ・バーに向かう車の中。

その窓の向こうに首を吊る為のロープを描いたデザインの看板が映ります。

こういう形で物語りのはじめから示唆されていた彼の死。

つまりこの物語りでは最初からジャクソンの死は運命の様なものとして決定していたと捉える事は出来ないでしょうか。

もしもジャクソンがあの後アリーと恋に落ちなかったとしても、酒とドラッグに溺れ、アーティストとして致命的な持病を抱えていた彼はいずれ死を選んでいた。

アリーとの出会いはそんな彼の人生の最期に与えられた一時の安らぎだったのではないでしょうか。

そしてジャクソンはそんな彼女をスターにする事で二人が抱いた同じ希望を未来へと繋ぐことが出来、二人で作り上げた歌(子供)を残す事が出来た。

つまりこれはアリーとジャクソンの愛を巡る悲しい物語りではなく、ジャクソンという男が最期にみた美しくも儚い夢のような時間を描いた作品なのではないか。

これは僕の願望に基づく個人的な解釈ではあるのですが、そういった見方をする事でこの物語りに救いのようなものを見出すことが出来るような気がします。

 

メタ壱スコア:3.6

2018年は「グレイテスト・ショーマン」、「リメンバー・ミー」、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」、「ボヘミアン・ラプソディ」と音楽映画がアツい年だったと思いました。

そして2018年の最後登場した「アリー/スター誕生」。
もちろん速攻でサントラも買いました!(笑)

個人的にはこれまでレディ・ガガに特に肝心を持っていなかったのですが、この作品を通して彼女を身近に感じる事が出来ました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事