【LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語】
スポンサーリンク

2010年7月24日。
あなたは何をしていましたか?

地球上の色んな国の色んな環境の色んな人たちの2010年7月24日を切り取ったドキュメンタリー作品。

育った場所とか暮らしている場所。
僕にとっての“普通”の範囲なんてせいぜいそのくらい。

でも、その同じ日、同じ瞬間を全く別の場所、文化、環境で生きている人たちが沢山いて、そこにはその人たちにとってのそれぞれの日常が存在しています。

この作品で切り取られた多くの人たちの2010年7月24日の断片的な映像の数々はまるでそれが一つの映画のワンシーンの様で、その人たちはみんな自分と同じ様に自分が主人公の“人生”という映画の中を生きていて、本当はそんなのは当たり前の事なんだけど、こうして映像で観る事で改めて自分の世界の狭さと、この世界の広さを実感させられます。

ラストの女性の言葉がとても良くまるで自分の事の様に感じられ、なんだか笑ってしまいました(笑)

これが嬉し涙なのかなんなのかは解らないけれど、壮大なものを前にした時に感じる畏怖の様な感情と共にこみ上げてくるものを感じた作品でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事