【Fukushima 50】
スポンサーリンク

3.11、東日本大震災の時に福島原発で起きた事故に立ち向かった原発職員の人たちを描いた実話を基にしたストーリー。

地震が発生したシーンから始まるこの作品は描写がかなりリアルで、当時の事にトラウマを抱えている人には辛い作品かもしれません。

僕は当時福島から遠く離れた所に住んでいて、1Fの様子はテレビのモニター越しに観ていました。

それは僕にとって、遠景で撮られた実感のあまり湧いてこない映像でした。

しかしその時、その場所、その中で大勢の人たちが原発のみならず日本という国と国民を守るために命をかけて闘っていたのだと言う事をこの作品を通してはじめて実感できたような気がします。

また、もしかしたら国や人々を守るという気持ちよりも、人としての純粋な“信念”や“責任感”が彼らを突き動かしていたんじゃないかなと、そんな風にも感じました。

多くの人に知っておいて欲しい、そして忘れてはいけない事を胸に焼き付けてくれる作品でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事