【魔女と呼ばれた少女】
スポンサーリンク

アフリカのコンゴに住む12歳の少女コモナはある日突然村にやってきた反政府ゲリラによって両親を殺させられ、拉致され、ゲリラの一員として教育を受ける。

過酷という言葉では足りないし、地獄という言葉では陳腐になってしまうほどの経験をしたコモナ。

作品自体はフィクションだけれど、これは紛れもない現実。

僕たちは“日本”や“先進国”、“平和な社会”という概念によってそういった世界を精神的に隔絶しているけれど、これは別世界の話なんかではなく、僕たちの“すぐ隣”もしくは“同じ場所”で起きている事なのです。

銃ではなく命をしっかりと抱いて生きていく。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事