【逆光の頃】二度とない大切な人生のなんでもない1ページ。
スポンサーリンク

京都に住む高校生・孝豊の青春の一コマを切り取った物語。

京都の情緒溢れる風景と優しい光に包まれた情景、そして京都弁のゆったりとしたセリフ回しにフワフワとした暖かさを感じる作品。

人生の中で一際の光を放つ青春時代。
眩しくて先が見えない思春期。
時間とともに忘れていくその景色をしっかりと頭の中に覚えておいて、人生の折に触れて今の自分と重ね合わせる。
その景色はきっと今の自分を優しく暖かな光で包んでくれるに違いありません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事