【空の青さを知る人よ】今の自分、あの頃の自分。
スポンサーリンク

秩父アニメ三部作であり最新作!
二人の姉妹の前に、姉の元彼・しんのと13年前のしんのが現れるというお話し。

「あの花」、「ここ叫」が若者の青春を描いていたのに対して、今作は姉・あかねと大きいしんのと言う30代の大人がメインキャラクターとして登場します。

それがお話し全体を立体的にしていて、なおかつ主人公はあおいですが姉、大しんの、小しんののキャラクター性や内面を丁寧に描いている事で、観る人の立場によって感情移入するキャラクターが変わってくる作品です。

ちなみに僕は姉のあかねに感情移入して観ていました。

過去に置き去りにしてきたもの。
そのせいで過去に囚われた自分自身の心と向き合うというのは「あの花」、「ここ叫」とも共通したテーマなのではないかと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事