【無垢なる証人】
スポンサーリンク

弁護士のスノが担当する事になった事件の目撃者の少女ジウは自閉症の持ち主だった。

事件の裁判を巡るミステリー要素と、自閉症への理解を促す社会的要素が見事なバランスで描かれた韓国映画。

対話をするには相手に歩調を合わせる事が大事。
自閉症の人は自分の世界を持っている。
だったらこちらが彼女の世界に入れば良い。

これはなにも自閉症の人だけでなく、人と人との関わりの中でとても大事な事なのではないでしょうか。

他人の表層だけを見て相手の事を判断するのではなく、ちゃんと相手を知る事、知ろうとする事の大切さを思い出させてくれる作品。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事