【残酷で異常】
スポンサーリンク

妻を殺したエドガーは自らも命を落とすが、そこからおかしな“グループ”と妻を殺害した時間を交互にループするようになる。

事実の罪と、真実の罪。
被害者と加害者の区別は常に主観が大きく作用し、その事実を自分というフィルターを通して真実として濾し出す。

本当の罪とはなんなのか?
罪とはどこにあるのか?

相手の立場になって考えみる事の大切さというよくあるテーマを、残酷で異常な物語として描き出した作品。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事