【楽園】人が安らかに仲良く生きていける楽園は存在するのか?
スポンサーリンク

一人の少女の失踪事件によって壊れていった人と町のお話し。

田舎でなにか事件が起こる度に耳にする“村八分”という言葉。
その中では何が起きているのか。

それは閉鎖的な空間で弱い立場の者を標的に攻撃しそれ以外の人間が結束する事で全体の心理的均衡をはかる、いわば“生贄”なのかもしれません。

人が生きていく上で必ずつきまとう社会という名のコミュニティにおいて“楽園”は存在するのか?

もし“村八分”が人間のもつ本能的な防衛手段だとするのなら、僕たち人間に楽園を作る事は可能なのか。

もしかするとこの作品を観た僕たち一人ひとりが人の在り方について考える事でそこに一筋の光が差すのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事