【映画ドラえもん のび太の宝島】父と子供の絆を描いた大冒険!
スポンサーリンク

宝探しに出かけたのび太一行が謎の集団に出くわし、挙げ句しずかちゃんを連れ去られてしまったので奪い返しに行くというお話。

親の心子知らず、子の心親知らずという普遍的なテーマを宝探しの冒険を通して描いた作品。

ドラえもんの映画で特に好きなのがラストの、冒険から現実の生活に戻っていく時の安心感と切ない感じ。
劇場版で友達になったキャラクターたちとの別れはやっぱりウルッと来てしまいます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事