【旅のおわり 世界のはじまり】ウズベキスタンの旅で彼女が見つけたものとは…?
スポンサーリンク

世界ふしぎ発見!的な番組の、ミステリーハンター的な仕事をしている葉子がウズベキスタンで心身共に迷子になるお話。

大きなストーリー展開もBGMもほとんどなく、静かに淡々と描かれるロケ旅。
終始漂う、殺伐としたロケクルー間の空気。

“心を閉ざした葉子がウズベキスタンの温かい人々との触れ合いを通して前を向いて行くようになる”みたいな劇的なストーリー展開ではなく、あくまでリアリティのある人間描写に重きを置き、ウズベキスタンでの出来事に対する葉子の感情の機微を繊細なタッチで描いているため、葉子をはじめとした周りの登場人物達の感情を読み取ろうとスクリーンに釘付けになりました。

その反面、彼らの感情に共感できないととたんについて行けなくなってしまうという、挑戦的な作品だとも感じました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事