【恋する宇宙】嘘と本当の人間関係。
スポンサーリンク

アスペルガー症候群の青年・アダムと絵本作家を目指す女性・ベスのラブストーリー。

嘘や比喩が苦手なアスペルガー症候群のアダム。
一方でベスの目指す絵本作家は“嘘”や“比喩”を使い何かを伝えるお仕事。

世の中には“嘘”と“本当”があって、でもそれは単純な二択ではなく、単純な善悪でもなく、人を傷つける嘘、人を悲しませる本当、優しさの嘘、思いやりの本当があって、 そういった複雑な感情の繋がりが人間関係には常に内包されていて、人と深く関わる事はとても幸せな事なのだけれどその反面とても難しく繊細で、だから大切に扱わなければちょっとした事で壊れてしまう事もあるガラス細工のような物なのだと思います。

それはお互いが同じくらいの力で、相手のタイミングを思い図って初めて、美しい乾杯のガラスの音が鳴るのと似ているのかもしれません。

何度もぶつかり傷つきながら、それでも大切な人と関わろうとするアダムの姿に、人のもつ弱さと勇気と、なにより例えすれ違っても悲しい思いをしても人と繋がろうとする勇気の大切さを感じました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事