【帰ってきた!監死カメラ】おかえり3K!抱腹絶倒、心霊コメディ?!
スポンサーリンク

あの「監死カメラシリーズ」が帰ってきた!
おかえりなさい!

まず、チャプターのサブタイトルが出るときの音が懐かしくて、マジ帰ってきやがったぜ!ってテンションが上がります!

そして、しょっぱなからのアクセル全開具合!
どうやら寺内監督と言う人は加減と言うものを知らないようです。

3Kの一角、エゴイスティック菅野のその威力は健在。
彼の自意識は周囲の非難などお構いなしです。
たぶん彼は何故自分がひんしゅくをかっているのかも理解していないに違いありません。
ですが、鈴木智晴氏のナレーションのおかげで僕は菅野君に対する怒りをどうにか抑えることが出来ました。
ありがとうございます。

健在と言えば3Kのもう一角、キンタこと金田さん。
彼女のあの目は大きく見開かれているのにどこかうつろな印象。
彼女には僕たちとは違うものが見えているような気がしてなりません。
もしかすると彼女には世界の真実の奥の奥が見えているのではないか、そんな気がしてなりません。

そして3K最後の砦かつ良心、カトール氏!
まぁカトール氏がいれば何があっても大丈夫ですよね。
悟空やルフィーのような安心感があります。
カトール氏の言う事や紹介する人に間違いなどありません。

そんなこんなで、復活した監死カメラシリーズの第一作目!
これはまさにフルコース!!
フルコース!!!

シリーズファンには納得の、そして新規の人にもきっと楽しめる作品に仕上がっていました!
これからホラーの最盛時期である本格的な夏に突入していきますが、みなさんもこのなんとも言えない不思議な世界に浸ってジメジメムシムシなこの季節を楽しんではいかがでしょうか?

そしてどうか菅野くんに天罰が下りますように。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事