【夜と霧】アウシュビッツの悲劇の真実を写した記録映像。
スポンサーリンク

「本は古くてボロボロでも価値があるが、フィルムは恐ろしく価値が下ってしまう」という思いをもつアラン・レネ監督により修復されたアウシュビッツの記録映像を基に制作された映画。

ナチスやアウシュビッツを描いた作品は沢山ありますが、ドラマ仕立ての作品にはない記録映像ゆえの生々しさが凄く、ただ淡々と粛々と強制連行されていく人々の姿に、これは自分たちの日常と完全に地続きの世界での出来事だったんだという事を思い知らされました。

33分という短い作品ではありますが、後半の映像はまともに直視する事が出来ないような重みと苦しさがあります。

二度とこのような悲劇を繰り返さないための教訓の様なものとして人類にとってとても貴重な作品だと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事