【博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか】
スポンサーリンク

米ソ冷戦真っ只中、トチ狂っちゃったアメリカ空軍のリッパー将軍はソ連への核攻撃を指示!
人類滅亡へのカウントダウンがはじまる!というブラックコメディ。

中身はなーんも進化してない人類が科学ばっかり発展させちゃって、しまいには自分たちを滅ぼす力まで手に入れちゃって、そんなことだからたった一人の暴走のせいで人類が滅亡の危機にっていう、人類の愚かな部分を皮肉ったような作品。

クスッと笑えるんだけど、決して笑い事じゃないから笑えない。

実際にはこんな事は起きませんよーっていう注釈が作品冒頭に入るんだけど、技術的にはそうでも人間の本質という事で言えば決してただのジョークとしては受け止められない!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事