【劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん】美しき親子愛 in エオルゼア!
スポンサーリンク

上手くコミュニケーションを取れずにいた父息子がFF14(オンラインゲーム)を通して交流を深めていく、実話を基にしたしずる感あふれるストーリー。

いやー、泣いた泣いた!
すんごい泣いた!

ドラマも観ていたからストーリーは知っていたけれど、まんまと涙腺崩壊しました。

ドラマ版では千葉雄大さんと大杉漣さんが演じていた息子・父を今作では坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんが演じているのですが、イメージの違う俳優さんを起用する事でまるで別作品のような新鮮な気持ちで観ることが出来ました。

また脚本や演出もドラマ版からさらにブラッシュアップされた印象で、役者さんの演技力もあいまって、あらゆるシーンがエモいエモい!

今作のハイライトとも言える“あの”シーンでは鳥肌が立ちすぎて羽ばたきながら飛び立って行くかと思いました。

ゲームが題材の作品ですが、父と息子の親子ドラマがメインになっているので、FF14をプレイした事のない人でも十分楽しめるのではないかと思います。

しかしながらやっぱり、初ダンジョンの緊張感、徐々に自分が上達していく喜び、そして何よりあの地獄のツインタニア戦を経験していると感情移入が半端ではありません!

そしてあのエオルゼアをスクリーンで観れた事の喜び!
まるで地元が舞台の映画を観ているような嬉しみw

ゲームをプレイした事のない人でも、この作品をきっかけに興味をもって新たな光の戦士が誕生すると嬉しいなと思います。

少し過ぎてしまいましたが、父の日に親子揃って劇場に足を運ぶのも良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事