【劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜】
スポンサーリンク

大正。
自分の結婚相手は自分で決める!女だからっておしとやかであれなんてまっぴら!な花村紅緒と、心優しい少尉・伊集院忍の恋愛物語。

女らしくある事、女性の社会進出、古い価値観と新しい価値観、フェミニズム、ジェンダー論。
そう言った社会問題など愛の前では無意味である事を突きつけられる。
おてんば娘の紅緒が少しずつ変わっていく中で、自分の信条を忍への愛が上回っていき、その愛によって強くなっていく彼女の姿は健気でもあり凛々しくもある。

もともと紅緒が持っていた粗野な強さは、愛によって洗練され研ぎ澄まされ、人としての本当の強さへと成長していく。

後編になにやら大きな不幸が待ち構えていそうで胃がキリキリしますが、きっと紅緒なら乗り越えられるはず!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事