【仮面ライダーZO】雨宮慶太☓仮面ライダー!
スポンサーリンク

牙狼〈GARO〉シリーズの雨宮慶太監督作品の仮面ライダー!
どのシリーズとも関係のない単独作品で、他の仮面ライダーとはまた少し違った世界観が魅力の作品です。

とにかく作り込みが凄い!
まず、後のガロシリーズを彷彿させる怪人の造形がかっこ良い。
怪人のタイプがエイリアンタイプ、飛行タイプ、クモタイプと様々で、それらの怪人の魅力を存分に表現するためにCGやストップモーションなどの撮影方法を使い分けているこだわりが流石です。

また、街のセットや本物の爆発を使った演出の迫力がこの時代の特撮らしくて好きです。

ストーリーはライダーが少年を護るというシンプルなストーリーですが、叙情的でどこか物悲しい雰囲気が大人な雰囲気を醸し出していて、ZO独特の世界感を作り出していました。

“作り込んだ映像を見せる”というポイントに焦点を絞り48分という短い尺にギュッと凝縮させた、非常にクリエイターの熱を感じる作品です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事