【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】タランティーノ監督が描く60年代ハリウッド!
スポンサーリンク

クエンティン・タランティーノ監督最新作!

60年代ハリウッド。
最近落ち目っぽい俳優・リックと、彼のスタントマンであり親友のクリフを描いた作品。

なんて表現すればいいのかわからないけれど、タランティーノ監督の感性が発揮されたユルいような、笑えるような、熱いような、力強い様な、カッコいいような、不思議な空気が魅力の作品でした。

すぐ泣くディカプリオのキャラは可愛かったし、常にクールなブラピがカッコよかったです!

そしてラストの“事件”。
これはハリウッドで実際に起きた「シャロン・テート事件」が基になっているそうで、この事件の概要を事前に知っておくとよりこの作品を深く楽しめるのではないかと思います。

ラストの数々の過激な描写はこの事件に対するタランティーノ監督の怒りの表れなのか……。

タランティーノ監督から見える昔々のハリウッドの“風景”が、ディカプリオ、ブラピを通して描かれる本作は独特で不思議な魅力に溢れた作品でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事