【リチャード・ジュエル】英雄から容疑者へ!マスコミのあり方を問う!
スポンサーリンク

1996年のアトランタオリンピックで起きたテロ事件で英雄から一転、容疑者にされてしまったリチャード・ジュエルの実話を基にした作品。

FBIの不確かな情報の漏洩に単を発する、マスコミの加熱報道の犠牲となってしまったリチャード。

本人の実際の人間性には興味を持つことなく、話題になりそうな断片的な印象や情報だけを求めるマスコミ。
決めつけによる強硬的な捜査を行うFBI。

リチャードは渦の中心にいる人物でありながら、その本人の事は誰も見ていない。
求められるのはリチャードという器に他人によって盛られたキャラクターであり英雄から容疑者への転落のストーリー。
しかしその“攻撃”だけは本人に届き、周りの人々をも巻き込み深い傷を負わせるという不条理。

そんなかつては主にマスコミだけが持っていた情報と拡散という力を現代の僕たちは片手に持っているという事を忘れてはいけないと思います。

日々淡々と報道・拡散される事件や事故のニュースの向こう側には、自分と同じ一人の人間がいるのだと言う事を今一度肝に銘じなければと思いました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事