【マルドゥック・スクランブル 排気】
スポンサーリンク

冲方丁原作小説『マルドゥック・スクランブル』3部作の完結編。

『燃焼』に引き続きアツかったカジノシーンの熱がピークに!
カジノのルールはわからなくても、ウフコックとディーラー達との魂の対話に心が震える。

そしてウフコック、バロット、ボイルドの関係の終着点とそれに向かう戦いは必見。

3部作全体を通してやや端折り気味な印象はあるものの、その事でかえってその行間を想像させられ、繰り返し観て自分の中のマルドゥック・スクランブルの世界の密度を高めるという楽しみ方が出来るんじゃないかと思います。
もちろん原作を読んで補完するのもよし。

独自の世界観で感性を刺激される作品です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事