【マリッジ・ストーリー】離婚を通して愛を描く。
スポンサーリンク

とある夫婦の離婚を描いた作品。

冒頭でお互いの良いところを上げていくシーンからの離婚話。
そんな二人はなぜ離婚をしなければならなかったのか。

好きとか嫌いとか、性格が合うとか合わないとか、夫婦の関係っていうのはそんな単純なものではないし、離婚っていうのはそんな簡単なものではない。

(現代ではスタンダードになった核家族において)家族の中心、出発点でありながら、その家族の中で唯一の他人である夫婦。
だからその関係はある意味で特別だし、複雑なものなのだと思います。

楽しい時も辛い時も一緒にいて、お互いを癒やす事もあれば傷つける事もある、そういった“共に人生を共有した”二人の間に作られた何かは、例えそれがキレイな形におさまっていなくとも、やっぱり自分の大切な一部だし、ほどける事のない糸なのだと思います。

“離婚”を通して結婚や人を愛する事の素晴らしさを描いた名作です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事