【ホテル・ムンバイ】悲劇〈テロ〉に立ち向かった人たちの真実のドラマ。
スポンサーリンク

2008年にインドのムンバイで起きた同時多発テロの現場となったタージマハル・ホテルでの出来事を描いたノンフィクション作品。

悲惨の一言。

日々ニュースなどで報じられるテロのニュースですが、遠く離れた場所に住む僕には現実感が湧きません。

しかしこの作品ではそのテロの現場が生々しく描かれていて、観ている側が恐怖を感じる程。
色んな映画で散々聞いてきた銃声の重みがまるで違います。
音自体は同じようなものでも、それに対して感じる恐怖と緊張感は別物。

そして、あっさりと、まるで呼吸をするように殺されて行く人々。
そのあっさりさがかえって命の重みを感じさせるのがこの作品の質の高さだと思います。

そして、大事な人を守る為、ホテルマンとしてお客様を守るため、そういった信念を持った人たちがテロに立ち向う姿には人間の強さと美しさを感じ心が震えます。

当時このテロ事件によって奪われた命と、それに立ち向かった人々に捧げられるような、これは再現ドラマではなく、献花であり勲章のような作品だと感じました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事