【ペット・セメタリー】禁忌をおかしおったなぁー!!
スポンサーリンク

スティーヴン・キング原作。
死体を埋めると凶暴になって蘇ってくる動物墓地ペット・セメタリー。
交通事故で幼い息子を亡くした父親は禁断の儀式に手を出してしまうのか…というお話。

約30年前の有名名作ホラー。

ホラーとは切っても切り離せない要素“死”。
呪いやゾンビなど、バンバン人が殺されていくホラーの世界で、本作は“死”という概念を丁寧に扱ったところが印象的でした。

死んだ者を生き返らせたい。
それは遺された者のエゴなのか。
今のところまだ僕は死んだ事がないので死者の思いは解りませんが、日本のお盆やメキシコの死者の日など、亡くした人を思うという気持ちは人類共通の願いなんだと思います。

でも生き返った死者が、体は同じでも中身が全然違っていたとしたら?
それでも大事な人に会いたいと思う気持ち、それは人間の愛の強さであり、心の弱さなのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事