【フランケンジョーズ】※パッケージ画像はイメージです。
スポンサーリンク

「怪物とジョーズなら最強だろ?」
そんな雑なノリでマッドサイエンティストが色んなサメを継ぎ接ぎして、そのボディにフランケンシュタインの怪物の脳と心臓を移植してフランケンジョーズを作っちゃった。

そしたら、どういう繋がりなのかよくわかんないおっさん二人と美女がサメに襲われたり、フランケンジョーズを作るのを手伝ったりします。

あと、唐突に下ネタが入ってきて、まじブンブン困っちゃう的な視聴者サービスも忘れてません。

とても大きな図体のフランケンジョーズですが、音もなく近付きまるで忍者の様に人間たちを瞬殺していきます。

横からくるぞ!Z軸からくるぞ!みたいな神出鬼没さと、時には速すぎて何が起きたのかわからないほどの機敏さで視聴者を震え上がらせます。

足が生えます。

マッドサイエンティストの身勝手な野望の為に作り出された悲しきサメ・フランケンジョーズですが、殺戮の中で彼は何を思ったのでしょうか。

フランケンシュタインの怪物だからって理由で特に意味もなさそうなのに継ぎ接ぎだらけの体にされ、キッチン用品で手術され、殺戮命令に従ったのに何故か怒られたりして……。

もしかすると本当の犠牲者は人間などではなく、彼自身だったのかもしれません…。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事