【サニー/32】サスペンス?宗教?いいえ、キタコレ映画です。
スポンサーリンク

同級生殺害事件の犯人として一躍カルト的人気を獲得した少女“サニー”。
14年後、その狂信的なファンの男2人によってサニーこと赤理が誘拐されてしまうというお話。

中盤からの予想を裏切るまさかの展開にキタコレ!

相手の事を解ったつもりになって薄っぺらな言葉で他人を救ったような気になっている者と、表層的な言葉で理解された、救われたような気になっている者たち。
それはただ、自分の中の承認欲求や歪んだ願望を満たし合っているだけの共依存的な関係でしかない。
だから簡単に崩れてしまう。

“ホンモノ”の気持ちは“ホンモノ”にしか解らない。
だから人が人を救うという事はとても難しい事なんだと思うけど、相手の事を真正面からしっかりと見てちゃんと理解しようとする事から本物の人間関係は始まるし、そうやって差し伸べられた手は例え非力でも堕ちて行く人が掴む藁にはなれるのかもしれません。

そしてやはり門脇麦さんの存在感は抜群でした!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事