【アンダー・ユア・ベッド(R-18版)】僕の名は!純粋で歪んだベッドの下の三井の思い。
スポンサーリンク

【アンダー・ユア・ベッド(R-18版)】
11年前にほんの一時だけ交流のあった千尋の事を忘れられない三井がストーカーとなり彼女のベッドの下に潜む、というお話。

すんごいストーカー。

人間にとって一番恐ろしいのは人から忘れられる事。
他者は自分を映す鏡であり、人から認識されないという事は自分の存在を自分自身が見失ってしまうと言う事。

そうして肥大化していった三井の歪んだ愛情と欲求の根底にあった思いとはなんだったのか。

「僕の名前を呼んでくれ、僕が君の名前を呼ぶから」
僕には三井がそう叫びながら、世界の日の当たらない所から一筋のほんの小さな光に向かって手を伸ばしているように見えました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事