【アルキメデスの大戦】数学で戦争を闘った男の見た世界とは。
スポンサーリンク

戦艦にするか空母にするか、それが問題だ…。
天才数学者の櫂直が戦艦派の不正を暴き戦艦建造を阻止しようと沢山計算するストーリー。

戦争ものと言うと難しく重い話というイメージの人もいると思いますが、本作は脚本、ストーリーともに少年漫画的なものになっていてとても観やすい作品になっていて、裁判ものとかに近い感覚で観る事ができました。

観る前から気になっていたのが物語の結末。

主人公・櫂直は戦艦建造反対、空母派の助っ人として登場するわけですが、史実として戦艦大和は造られているわけです。

この設定をどう着地させるのか気になっていましたが、実際に映画を鑑賞して「あぁ、そうきましたか!」と納得。

ラストの櫂と平山の会話はとても重みのあるもので、当時の日本の事のみならず現在の世界にも通じる戒めのようなものを感じました。

櫂が最後に流した涙と、彼だけに見えたあの景色について僕たちはしっかりと考える必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事