【アラジン(2019)】あの名作ディズニーアニメの完璧すぎる実写化!
スポンサーリンク

言わずと知れたディズニーの名作「アラジン」実写版!

とにかく最高の作品でした!

青い空と海、アグラバーの美しい町並みと色使い。
代表曲「ホールニューワールド」を始めとした名曲の数々。
アニメ版を大幅にアップデートし、細かい人間模様までしっかり描かれたストーリー。

僕が観に行った時はお客さんが少なかったので最後列で一人泣いたり驚いたり笑ったり、子供の様に鑑賞してしまいましたw

今作のポイントとしてはアニメ版から現代ナイズドされたストーリー。
基本的にはアニメ版をそのままトレースした物語りではあるのですが、随所に現代的なテーマが込められています。

特に印象的だったのがヒロイン・ジャスミンのキャラクター性。

最近のディズニー作品によく見られるのが“女性”の王子様に憧れる従来のお姫様像からの脱却。

「シュガーラッシュ:オンライン」ではそれが特に顕著で、映画内で過去のディズニー的プリンセスのキャラクター性を茶化すようなシーンがありました。

今のディズニーの女性の描き方は一言で言うと“自立した強い女性”。

その流れにおいて今作のジャスミンも例外ではなく、アニメ版の単なる外の世界に憧れる活発な女性ではなく、それらに加えて強い信念と自立心を持った女性として描かれています。

ラストでジャスミンが言う「私が○○○のよ」は正に昨今のディズニーの描く女性像に相応しい名台詞で、思わずスタンディングオベーションしてしまいたくなりましたw

ジャスミンをはじめそう言ったキャラクターこ作り込みがしっかりしていると感じました。

アニメ版ではただのおバカっぽく描かれていた王様がちゃんとしたキャラクターとして描かれていたり、人間ドラマを描くにあたって新しく家臣キャラクターが登場したり。

そういった要素がこの作品をただの娯楽映画ではない一段、二段上の上質な作品へと昇華させています。

ベースがアラジンゆえの王道ストーリーなのでそこが苦手と思う人もいるかもしれませんが、王道ストーリーであるが故の安心感やカタルシスの詰まった、本当に“楽しい”作品になっています。

このあと僕がサントラをポチるのは言うまでもありませんね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事