【アス】自分が自分を殺しにやってくる!するめ系難解ホラー!
スポンサーリンク

夏休み休暇の為に別荘を訪れた4人家族。
そんなある夜、別荘の前に4つの人影が現れ、一家を極限の恐怖が襲うというお話し。

大ヒットサスペンスホラー「ゲット・アウト」のジョーダン・ピール監督最新作。

「ゲット・アウト」もそうでしたが、やはり今回も一筋縄ではいかない先の読めないスリリングな作品でした!

家の前に立つ4人の人影の不気味さ。
自分が自分を殺しに来るという理解を越えた存在への恐怖。
始めはジワジワとした不気味さが世界を浸食していき、そこからの怒涛の展開に引き込まれます。

かつ、なかなかに難解な作品でもあり、考察好きな人には特に楽しめるのではないでしょうか?

なんというか、テーマの探り合い。
こういう話かな?と思って見ていたら、そっちかーいとかあっちかーいとか、そうくるんかーいみたいな、終始振り回されっぱなしな2時間でしたw

しかし社会的なテーマなども随所に見受けられ、噛めば噛むほど楽しみが増しそうな奥の深い作品でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事