【ひとよ】母の愛が生んだ悲劇と絆。
スポンサーリンク

子供達の為に夫を殺した母親。
15年後、大人になった三人の子供達と母親が再会する。

まず、冒頭に映し出されるタイトルは「ひとよ」ではなく「ひと よ」。
この作品で描かれているものはセンセーショナルな事件や、犯人探しのスリルではなく、“人間”です。

暴力父から子供たちを守りたい一心で父親を殺した母親。
しかし、その行為が子供達の人生を狂わせてしまう。

15年後、子供達の元に帰ってきた母親と彼女に対する長男、次男、長女それぞれの複雑な感情が絡み合っていく様子が見事に描かれていました。

特に物語の中盤にある三兄妹と母親の台所でのシーンは圧巻の一言。
全ての役者さんの高度な演技力によって表現された登場人物たちの心の爆発の連鎖に激しく心を震わされました。

切っても切っても切り難い他にはない特別な関係である家族だからこそ、そこにある愛は大きいし、その分憎しみも大きくなってしまうし、その関係性は複雑なものになってしまう事もあります。

愛があれば全ての行為が許される訳ではないけれど、例えその行為が正しくても間違っていたとしても子を守ろうとした親の気持ちと、その気持ちを心の底ではちゃんと受け取っている子供達との絆や繋がりというものは、時間をかけて向き合えば少しずつかもしれないけれど修復していく事の出来る治癒力をもっているのかもしれないという希望を感じました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事