【しば田とながお】ヤン・イクチュン監督☓日本人役者!
スポンサーリンク

福岡インディペンデント映画祭 2019にて。
「息もできない」や「あゝ、荒野」などで知られる、監督としてのヤン・イクチュンさんが日本で撮影した短編作品。

心の傷はどうしたら癒えるのか?

二人の男女の不思議な空気と街の風景。
断片的に語られる二人のもつ過去。
一度観ただけではなかなか理解出来ないけれど、何度も観ているうちに色々と感じる事が出来そうな作品でした。

映画祭で登壇されたヤン・イクチュン監督からみた日本人と韓国人の国民性からくる演技の違いのお話が面白かったです。

例えば、いきなり頬をぶたれるというシチュエーションの時、韓国人は激昂する演技をするけど、日本人は驚いて呆けたような表情の演技をするそうで、とても興味深い貴重なお話しを聞く事が出来ました。

外国人監督☓日本人役者という組み合わせは色々な意味で面白い化学反応が起きそう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事